REDがHYDROGEN Twoの開発状況を投稿

2019.7.28
REDがHYDROGEN Twoの開発状況を投稿

REDの創設者であり、HYDROGENプロジェクトを推進するJim Jannard氏は、REDが第2世代のスマートフォンであるHYDROGEN Twoの開発に着手したことを発表した。新しいセンサーを使用してカメラモジュールを再設計している。 HYDROGEN Oneのユーザーは、新モデルをより早く、お得な価格で手に入れることができると述べている。

HYDROGEN One – RED’s first smartphone. How will the HYDROGEN Two look like?

まず、HYDROGENプロジェクトの経緯を簡単に要約しておく。 REDは、ほぼ2年前の2017年7月に初めてのスマートフォンHYDROGEN Oneを発表した。しかしHYDROGEN Oneのリリースは、2018年第1四半期から2018年第4四半期までの間に数回延期された。その後2018年第3四半期までに予約注文分が出荷されている。

第一世代の製品にはよくあることだが、RED HYDROGEN Oneは完ぺきというようなものではなかった。多くのユーザーが、品質と信頼性について不満を訴えている。特に指紋センサーの不具合が目立つようだ。Mashableはそれを「2018年の最悪のハイテク製品」と呼んだ。

REDはまた、アドオンモジュールの複雑なエコシステムをHYDROGEN Oneに搭載することを約束している。おそらく最も期待されていたのは、HYDROGEN Oneを映像制作機器として使えるシネマカメラモジュールだ。しかしこのモジュールはまだ実現していない。

Jim Jannard’s post on H4Vuser.net

REDは通常、新製品に関する発表はREDのフォーラムreduser.netとH4Vuser.netで行う。今回の発表も7月23日に、Jim Jannard氏がH4Vuser(未編集、完全長)で発表した。以下はその全文。

HYDROGEN has been the single most exciting project I have ever worked on. It has also proven to be the single most challenging program I have ever been a part of.

While Oakley sunglasses and RED cameras were (and are) built in our own factories in Orange County, building a smartphone with challenging and new disruptive technologies at the RED factory just wasn’t possible given the competitive nature of the market. We chose an ODM in China to prepare the HYDROGEN One for manufacture at Foxconn. While Foxconn has been fantastic, our ODM, which was responsible for the mechanical packaging of our design including new technologies along with all software integration with the Qualcomm processor, has significantly under-performed. Getting our ODM in China to finish the committed features and fix known issues on the HYDROGEN One has proven to be beyond challenging. Impossible actually. This has been irritating me to death and flooding our reactor.

For this reason, after months of vetting a new design to manufacture house, we have begun the work on the HYDROGEN Two, virtually from scratch, at a new ODM that is clearly more capable of building and supporting the product we (and our customers) demand. We also have put into place a new internal execution team along with world class design-partners that we have carefully selected. The HYDROGEN Two is being methodically designed and crafted to surprise and exceed expectations… again, just as you would expect from us.

Additionally, we eventually realized that the original camera module would have to change due to the fact our ODM was not going to competently complete the module that they committed and guaranteed to do. Our best option was to modify the program and bring it back into the RED house. We have completed the new and extraordinary sensor and redesigned the package. Jarred at RED will be posting about Komodo fairly soon. Its capability will vastly exceed the originally planned module. The HYDROGEN One and Two will integrate with this new camera. While it does not replace its big RED brothers, it will certainly be a complimentary camera for cinema grade images at the highest level at lower pricing.

We fully understand the frustrations of our customers since I am one as well. While issues have been the result of our original ODM’s short comings, we also understand that customers solely look to us for their satisfaction. We remain committed to taking care of our customers the best way we can given all the circumstances. To that end, every HYDROGEN One owner will get significant preferential treatment for the HYDROGEN Two and/or new Cinema Camera model, both in delivery allocations and pricing.

HYDROGEN is still the most exciting project I have ever worked on. We continue to be committed to further advancing the “image capture in your pocket” device as well as providing the highest quality image capture devices to more people than ever before.

We are not done…

Jim

 

要約すると、HYDROGEN One の開発は、中国でODM(Original Design Manufacturing)で行ったが、高い技術レベルが必要だったため、うまくいかなかった。そこで、今度は厳選したワールドクラスのデザインパートナーと共に、新しい社内チームを設置し、HYDROGEN Twoの開発を進めることにした。更に従来のカメラモジュールを変更する必要があり、一から再設計する必要がある。今度れについては近く発表できる予定。

なお、すべてのHYDROGEN One所有者は、デリバリーと価格において、HYDROGEN Two、あるいは新しいCinema Cameraモデルに対して優遇措置を考慮する。

とのこと。

更に詳しい情報は、こちらリンクを参照いただきたい。

HYDROGEN One – RED’s first smartphone. How will the HYDROGEN Two look like?

HYDROGEN Oneの問題が中国のODMにあるとしたことは興味深いが、REDは別のODMでHYDROGEN Twoの開発を始めた。しかしJannard氏自身も述べているように、責任は常にREDにある。

REDはまた、シネマカメラモジュールを再設計しており、Jannard氏はそれが当初の計画よりはるかに優れていると主張している(最初のものがリリースされなかったので実際のところは分からないが)。そしてそれはHYDROGEN OneとTwoの両方と互換性があるようだ。カメラモジュールは「Komodo」と呼ばれ、新しいセンサーと再設計されたパッケージを搭載するように見える。これについての情報はまもなくJarred Land氏から発表されるだろう。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する