Rhino ROV - 安価なスマートフォン、DSLR用ポータブル電動スライダー

2017.10.18
Rhino ROV - 安価なスマートフォン、DSLR用ポータブル電動スライダー

Rhino ROVは、スマートフォン時代に向けて設計された小型軽量の電動スライダーで、DSLRユーザーも対象にしている。現在Kickstarterキャンペーンが行われており、非常に手頃な価格設定となっている。

ことスライダーに関しては、「電動」と「携帯」は、通常あまり両立しないが、Rhino ROVではこの定説を変えることを目指している。内部モーターとバッテリーを内蔵したアルミニウムの単一ボディーデザインを基に構築されているため、プロでも使用できる機能性を持っている。専用アプリでコントロールする。

Rhino ROVROV Pro

Rhino ROVは229ドルと驚くほど安価で、スマートフォン製作のため携帯性に優れている。わずか1kg程度で非常に小型のため、通常のバックパックに入れて持ち運ぶことができる。

市販されている多くの電動スライダーは、モーター、コントローラー、そしてバッテリーを収容する大型の外部ユニットを使用しているが、Rhino ROVでは必要なコンポーネントは単一のアルミ製ハウジング/レールの内側に収納されている。コアレスDCモーターを使用しているため非常に静かで、約2.5kgの耐荷重がある。

Rhino ROVは内蔵バッテリーも小型化に貢献している。ただし、バッテリーは交換できない。Li-Poバッテリーの一回の充電で約24時間動作し、タイムラプスモードでは最大48時間を保証する。

スライダーはボールヘッドが一体化された薄型のiPhoneマウントを使用しており、柔軟に角度設定することができる。さらに、Rhino ROVは、他のRhinoスライダーでも採用されている折りたたみ式の足があり、三脚だけでなく、直接地面に置いて使用することもできる。

また、299ドルのRhino ROV Proバージョンも用意されている。これには、DSLRやミラーレスカメラ用のクイックリリースプレート付きボールヘッドも同梱されている。強力なコアレスモーターは、約2.5kgの耐荷重があり、この重量でも斜めに移動させることができる。

どちらのモデルも20cmとTraveler40cmの長さが用意されている。

Rhino StorytellerとROV Motion アプリ

Rhino ROV

スマートフォンでの撮影をさらに効率化するために、Rhino Storytellerアプリでは、フォーカス、露出、ISO、ホワイトバランスなどのカメラ設定を手動で制御することができる。さらに、スローモーションとタイムラプスショットも微調整することができ、望み通りのショットを撮ることができる。

また、Rhino StorytellerアプリはRhino ROVに直接接続されているので、これ一つで撮影したり、スライダーの動きをコントロールしたりすることができる。

Storytellerアプリには、縦方向のタイムラインを持つインターフェイスを使用して編集できるNLEツールが含まれており、簡単かつ迅速に編集できる。

また、Rhino ROV ProでDSLRや GoProを使用している場合や、スマートフォンにインストールされている別の編集アプリを使用したい場合でも、ROV Motionアプリでスライダーをコントロールすることができる。

どちらのアプリもiOS用が発売されているが、Androidバージョンも追って発売される予定。

RhinoのROVキャンペーンはすでにKickstarterに公開されており、2018年4月頃に発売予定。 ROVは229ドル、ROV Proは299ドルで、その他アクセサリーを含むさまざまなパッケージが用意されている。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment0