広告

RotolightがNEO 3とAEOS 2 RGBWWライトをKickstarterで発売開始

RotolightがNEO 3とAEOS 2 RGBWWライトをKickstarterで発売開始

RotolightのNEO 3とAEOS 2がKickstarterに登録された。小型のオンカメラ用NEO 3と、軽量の1×1′ AEOS 2ライトは、高速シンクロフラッシュ機能を備えた明るいRGBWWパネル、背面のタッチスクリーンディスプレイ、さらにコントロール用の新しいRotolightアプリを搭載している。

英国の照明メーカーRotolightは、丸い形状のオンカメラ用ライトで長年知られてきた。2年以上前、同社は Arri SkyPanelに対抗して、大型でパワフルなRotolight Titan X2を発表した。その1年後、Rotolightはこのパネルの1×1″バージョン – Titan X1を発表した。(レビューはこちら) 今回、同社は2つの新製品、Rotolight NEO 3とAEOS 2のクラウドファンディングキャンペーンを開始した。

Rotolight NEO 3

NEO 3は、Rotolight NEO 2の発表から4年後、登場したRotolightの新しいコンパクトなオンカメラ用LEDライトだ。

新しいRotolight NEO 3は、前世代よりもはるかに明るくなっている。実際、Rotolightは、NEO 3がこれまでに生産されたオンカメラLEDライトの中で最も明るいと述べている。しかし、同社は正確な出力測定を含む技術仕様書を発行していない。今後情報があればレポートする。

NEO 3 Display. Source: Rotolight

もうひとつの革新的な点は、新たに特注の充電式リチウム電池を採用したことだ。 NEO 2のように単三電池を使う必要はない。

Rotolight AEOS 2

2つ目の新製品は、Rotolight AEOS 2で、より大きな1×1′パネル(ただし、もちろん円形)を持つ。 このライトは、軽量の超薄型デザインとなっている。Rotolightは、AEOS 2がこれまでに作られた1×1′パネルの中で最も薄く、最も軽いと述べている。重さは1.4kg以下で、出力は、フラッシュモードでは、連続モードで1mで約9,000ルクス、フラッシュモードで1mで約18,000ルクスを実現。CCTモードでは、パネルは3000~10000Kの白色光を出すことができ、TLCIは99という非常に高い値を示す。

AEOS 2 Light. Source: Rotolight

ハイスピードシンクロRGBWWフラッシュ機能

新しいライトはどちらも、1670万色のRGBWWデザインと正確な明るい白色(ウォーム&コールド)のLEDチップを採用している。また、すべての色と付属の2,500種類のデジタルフィルターは、リサイクルタイムゼロの高速同期フラッシュ機能でフォトグラファーに提供される。

タッチスクリーンディスプレイと新しいRotolightアプリ

コントロールに関しては、使いやすいインターフェースと機能豊富なメニューを備えたフルカラー2″のタッチスクリーンディスプレイを採用している。

AEOS 2 Detail. Source: Rotolight

さらに、Rotolightは、新しいiOSおよびAndroidアプリを発表し、照明の遠隔操作をより簡単に行えるようにした。ユーザーは、照明モードを簡単に切り替えて、カラー、パワー、SFXなどを調整できる。このアプリでは、カスタムグループを作成し、最大20台のライトで同時にプロジェクトを行うことができる。

New Rotolight App. Source: Rotolight

Smartsoft Boxその他

Smartsoft BoxはRotolightの新機能で、タッチスクリーンやアプリを使ってライトの拡散、フォーカス、広がりを電子的に調整することができる。そのため、これらの新しいライトは、アドオンなしでソフトな光源とハードな光源を簡単に切り替えることができる。

NEO 3 Diffusion Changes. Source: Rotolight

また、様々なBowensマウントのモディファイヤーを使用できるようにするための、ユニバーサル・スピーディング・アダプターも提供される。

価格と発売時期

前述の通り、この2つの新製品は、Rotolightの新しいKickstarterキャンペーンの一部だ。キャンペーン期間は2021年11月16日まで。キャンペーンでの価格は、予定されている小売価格よりも20%から25%低く設定されている。

Rotolight NEO 3に関しては、以下のような特典が用意されている。

  • スターターバンドル(NEO 3、カスタムバッテリー、USBケーブル):479ドル(キャンペーン終了後、最低広告価格-MAPは599ドルとなる。)
  • Ultimate Bundle(NEO 3、ディフューザードーム、カスタムバッテリー、急速充電器): 519ドル(MAPは649ドルになる)
  • NEO 3キット(3x NEO 3、3xディフューザードーム、3xカスタムバッテリー、デュアルチャンネルファストチャージャー、3xライトスタンド、1ハードケース): 1,919ドル(MAPは$2,399になる。)
NEO 3 Set. Source: Rotolight

大型ライト「Rotolight AEOS 2」については、以下のような特典が用意されている。

  • Rotolight AEOS 2(AEOS 2、ディフューザードーム、1x PSU、地域別電源ケーブル):1,119ドル(MAPは1,399ドル)
  • エクスプローラーキット(AEOS 2、ディフューザードーム、ソフトバッグ1個、95Whバッテリーと充電器1個、PSUと地域別電源ケーブル1個)1,439ドル(MAPは1,799ドル)
  • マスターズキット(2x AEOS 2、2x ディフューザードーム、2x スタンド、1x ソフトバッグ、2x PSU および地域別電源ケーブル) :2,239ドル(MAP は 2,799 ドル)
  • アルティメットキット(2x AEOS 2、2x ディフューザードーム、2x スタンド、1x ソフトバッグ、2x 95Wh バッテリー&チャージャー、2x PSU および地域別電源ケーブル):2,719ドル(MAP は 3,399ドル)
AEOS 2 Set. Source: Rotolight

さらに、ディフューザー・ドームやバッテリーなどのアクセサリーを追加注文することも可能。さらに、Rotolightは両方のライトを含むバンドルも提供している。

なお、「クラウドファンディング・プラットフォームでプロジェクトを支援する際は、リスクを認識いただきたい。クラウドファンディング・プラットフォームの規約を読み、製品の配送が大幅に遅れたり、商品が全く届かない場合もあることを確認いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する