RRSがFH-7240フルードヘッドを発表

RRSがFH-7240フルードヘッドを発表

Really Right Stuffは、NAB 2017で新しいフルードヘッドのプロトタイプを展示した。下のビデオでは、プロダクトマネージャーが、新しいビデオフルードヘッドであるRRS FH-7240の詳細を説明している。

RRS FH-7240

同社はRRS FH-7240の出荷をQ3に目指している。詳細は変更される可能性があるが、プロトタイプの仕様は以下の通り:

  • 100mmボール
  • 7段階のダンピング調整
  • 240 in-lb(インチ・ポンド)のトルク
  • 約10Kgのカメラが最適で、最大耐荷重は18Kg
  • +/- 90チルト範囲全体にわたりカウンターバランスは3%未満の誤差
  • 自動消灯するLEDバブル照明

同社はまた、100mmシリーズ三脚用の新しいアクセサリーも発表した。これは多面体の足やクイックリリーススプレッダー、あるいはアクセサリーを足に取り付けるための1/4 “20アダプターなどだ。

私は数年前からFH-350を所有しているが、これは自分にとって最も使いやすい機材の一つだ。ただ、唯一の問題は、耐荷重小さいことだった。新しいFH-7240は、100mmボール、耐荷重の増加、4つのダンピングレベルを備えた理想的なものとなる。

RRSによれば、この新しいヘッドと脚のセットは$ 4000〜$ 5000を予定しているとのこと。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する