サムヤンがキヤノンRFマウントレンズを発表 - 14mm f/2.8と85mm f/1.4

2019.3.7
サムヤンがキヤノンRFマウントレンズを発表 - 14mm f/2.8と85mm f/1.4

サムヤン(Samyang)が、初のキヤノンRFマウントレンズを発表した。発表したのはMF 14mm F / 2.8 RFとMF 85mm f / 1.4 RFの2本で、キヤノンEOS Rミラーレスカメラにネイティブマウントできる。

キヤノンのミラーレスカメラは新しいRFマウントを採用している。RFマウントカメラはDSLRのような大きなミラーボックスを必要としないのではるかにコンパクトになる。またEFよりもはるかに短いフランジ距離にできる。

キヤノン自身もEOS Rカメラと同時にRFマウントレンズとEF-RFマウントアダプターを発表している。しかしもちろんサードパーティのレンズメーカーも互換レンズを発売するのは従来と同じだ。

サムヤンから発売される最初の製品は、MF 14 mm f / 2.8 RFとMF 85 mm f / 1.4 RFの2本のマニュアルフォーカス、単焦点広角レンズだ。

これらのレンズの仕様を見ると、既存の同社のレンズを利用していることが分かる。

MF 14mm F2.8 RFの主な仕様

  • 絞り:2.8-22
  • 構成:10群14枚
  • コーティング:UMC
  • 最短合焦距離:0.28m
  • 拡大比率:x0.08
  • 絞り羽根:6枚
  • 画角:115.7°
  • 重さ:800g

MF 85mm F2.8 RFの主な仕様

  • 絞り:1.4-22
  • 構成:7群9枚
  • コーティング:UMC
  • 最短合焦距離1m
  • 拡大比率:x0.09
  • 絞り羽根:8枚
  • 画角:28.3°
  • 重さ:730g

どちらもフルフレームセンサーフォーマットに対応しており、雨や雪に対する対候性も確保されている。

同社には豊富なマニュアルフォーカス単焦点レンズのラインアップがあり、今後も再設計されたRFマウントレンズが発売されるだろう。

価格は未定だが、同社の他のマウントのレンズから考えると、どちらも300ドル未満と思われる。

なお、フォトキナ2018で「世界で最も歪みの少ないフルフレーム広角レンズ」としてXP 10mm f / 3.5が発表されている。これは最大130°の画角で、11群18枚のレンズ構成を持つレンズで、3月22日にキヤノンマウントと、続いてニコンマウントが発売される予定。価格は126,900円〜(税込)。

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment