広告

SIRUIがSaturn 35mm T2.9 1.6xを発表 - 最もコンパクトなフルサイズ用アナモフィックレンズ

SIRUIがSaturn 35mm T2.9 1.6xを発表 - 最もコンパクトなフルサイズ用アナモフィックレンズ

アナモフィックレンズは主にハリウッド映画で使用され、特にそのスタイリッシュなフレアで愛されているが、最も実用的な選択ではないという評判もある。SIRUIはSaturn 35mm T2.9 1.6xでこの評価を変えることに挑戦している。

アナモフィックレンズは長い間、レンタル専用のレンズだった。しかし、独立系コンテンツクリエイターにとってありがたいことに、SIRUIのようなメーカーが、本物のアナモフィックレンズを所有することを現実のものとしてくれた。

数ヶ月前、SIRUIはIndiegogoでJUPITER 1.6x full-frame anamorphic lensesを発売し、キャンペーンは成功した(正確には11.832%で!)。また、IBC2022の期間中に35mm、100mm、アナモフィックアダプターを初見する機会もあった。

そして今回、SIRUIは、ドローンやDJI Ronin 4Dにマウントできる軽量なフルフレームアナモフィックレンズ、Saturn 35mm T2.9 1.6xを発表した。

SIRUI Saturn 35mmの特徴

SIRUI Saturn 35mm T2.9 1.6x Carbon Fiber anamorphic lensは、ソニーEマウント、キヤノンRF、DJIのDLマウントで利用できる。レンズの重量はマウントによって異なるが、すべてのバージョンで425g以下となっている。また、レンズ鏡筒の一部にカーボンファイバーを使用し、軽量化を図っている。

Sirui-Anamorphic-Size-Comparison-Image
Size comparison. Source: SIRUI

全長約10cmと非常にコンパクトで、同社のマーケティング資料では、SIRUI Saturn 35mmのサイズをスマートフォンに例えている。レンズは前面フィルタースレッド58mm、マニュアル絞り、フォーカスリングは業界標準の0.8modギアを採用している。また、フォーカスリングは120°の回転角度を備えている。

Sirui-Anamorphic-Flares-Image
Blue flares on the left, normal flares on the right. Source: SIRUI

レンズ設計

光学面では、SIRUI Saturn 35mm T2.9 1.6xは、最短撮影距離が0.9mとなっている。レンズ設計は13群18枚、10枚の絞り羽根で構成され、絞りはT2.9からT16まで可変。

SIRUI Saturn 35mm T2.9 1.6xは、スクイズファクター比が1.6倍。絞り比は一定で、フォーカスを変えても被写体の大きさが変わらないことを意味している。3:2センサーでは1.6倍の比率は2.4:1のアスペクト比になり、16:9センサーでは2.8:1となる。興味深いことに、このレンズには2つのバージョンがあり、1つはブルーフレア、もう1つは「通常の」レンズフレアを発生させる。

Image credit: SIRUI

価格と発売時期

SIRUI Saturn 35mm T2.9 1.6x Carbon Fiber anamorphic lensは、SIRUIのウェブサイトで現在入手可能。レンズにはポーチと保証書が付属している。

通常価格は1299ドル、発売記念特別価格は15%オフで、現在1099ドルとなっている。さらに、CineD割引も追加された。チェックアウト時にクーポン「CINED-SATURN」を追加すると、さらに5%オフ(1044ドル)になる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手