SLR MagicがMicroPrime CINE 21mm T/1.6 と50mm T/1.4を発表

SLR MagicがMicroPrime CINE 21mm T/1.6 と50mm T/1.4を発表

SLR Magicは、21mm T / 1.650mm T / 1.4を同社のMicroPrime CINEレンズのラインアップに追加した。 MFTマウントに対応する。

SLRMAGIC_Featured

Image credit: SLR Magic

SLR Magic MicroPrime CINE 21mm T/1.6 50mm T/1.4の概要

SLR Magic MicroPrime CINEレンズは、軽量で手頃な価格のシネマレンズだ。 E、X、MFT(マイクロフォーサーズ)の各レンズマウントが用意されている。Xマウントバージョンのレビューはこちら。 これら2本の新しいレンズは、同社の12mm T / 2.8、18mm T / 2.8、25mm T / 1.5で構成されるMFTカメラ用のレンズラインアップを補完する。

これらのMicroPrime CINEレンズには多くの共通点があり、レンズの前面の直径は、クリップオンマットボックスに対応して85mmで、フィルター径は82mm。筐体は金属製で、フォーカスと絞りの各リングには標準の0.8 mod / 32ピッチギアが採用されている。SLRMAGIC_01

The SLR Magic MicroPrime CINE 21mm T/1.6. Image credit: SLR MAGIC最初のものはMicroPrime CINE 21mm T / 1.6で、これは42mmレンズ(35mm換算)に相当する。レンズ構成は、11群13枚で、総重量は700グラム。

SLRMAGIC_02

The SLR Magic MicroPrime CINE 50mm T/1.4. Image credit: SLR Magic

2つ目はSLR Magic MicroPrime CINE 50mm T / 1.4で、これは100mm(35mm換算)に相当するプライムレンズだ。レンズ構成は、5群6枚で、総重量は630グラム。

価格と発売時期

これらのレンズは現在入手可能。 CINE 21mm T / 1.6とCINE 50mm T / 1.4はどちらも599ドルとなっている。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する