ソニーがFE 14mm F/1.8 G Masterを発表

ソニーがFE 14mm F/1.8 G Masterを発表

ソニーはG-MasterシリーズのプライムレンズFE 14mm f / 1.8 GMを発表した。このレンズはかなり明るいだけでなく、フルフレームに対応し、広角レンズにしては驚くほどコンパクトだ。重量は約460gで比較的軽く使いやすい。絞りはクリック解除でき、動画撮影にも適している。

FE14mm f / 1.8 GMプライムは、写真撮影と動画撮影どちらにも適するように設計されている。NDなどのフィルターに対応したリアフィルターホルダーも用意されている。

アイリスリングはクリック解除可能で、レンズ構成は11群14枚で、2枚のXA(極非球面)レンズに加え、2枚のED(超低分散)レンズと1枚のスーパーEDレンズを備えており、最高の光学性能を実現している。

Sony FE 14mm f/1.8 G Master
Sony FE 14mm f/1.8 G Master. Image credit: Sony

FE 14mm f/1.8 G Masterプライムの概要

このレンズは、特に天体撮影用として紹介されている。そのため、同社は、極端に遅いシャッタースピードを使用しなくても、星のような点光源を撮影できると述べている。広角レンズの一般的な問題は、内部で反射する極端な角度で入る光だ。 FE 14mm F1.8 G Masterは、ソニー独自のNano ARコーティングIIテクノロジーを使用することにより透明度を最大化し、フレアとゴーストを効果的に抑制している。

サイズは83mm x 99.8mm、重さは460gとかなり小型軽量化されている。F1.8の明るい広角レンズとしては、非常に印象的なスペックだ。

また最短合焦距離は9.8インチ。これはクローズアップショットを撮るのに最適だ。このレンズは、滑らかなボケ味を実現する9枚羽根の絞り機構を備えている。

Sony FE 14mm
Perfect for drone work? Image credit: Sony

もちろん、このレンズは、ツインXD(エクストリームダイナミック)リニアモーターが搭載されており、高速で信頼性の高い動きを実現。オーディオ録音に影響を与えない、静かな動作が可能だ。

外側には、フォーカスホールドボタン、フォーカスモードスイッチ、フォーカスリングを備えており、幅広い撮影環境でスムーズかつ効率的に操作できる。さらに、カメラのメニューでフォーカスホールドボタンに他の機能を割り当てることができる。リニアレスポンスMFも備えており、ダイレクトで正確なマニュアルフォーカスも可能だ。

rear filter holder
Rear filter holder. Image credit: Sony

FE 14mm f/1.8 G Masterは、防塵・防湿設計で、過酷な条件での撮影に、高い信頼性を提供する。フロントレンズは、水や油などをはじくフッ素コーティングが施されている。リアレンズもフッ素コーティングされている。なおフードも付属している。

価格と発売時期

FE14mm F1.8 GMは、5月に発売予定で、価格はオープン。米国では約1,600ドル、国内では税込20万円程度と予想される。

Sony camera
Image credit: Sony

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する