広告

ソニーがFX9 ファームウェア V3を公開 – アナモフィック表示モード、タッチトラッキングAFなどを追加

ソニーFX9ユーザーにはお待たせだったが、約束通り、FX9のファームウェアV3が発表された。私はソニー本社を訪問し、新しいファームウェアがFX9ユーザーにどのようなものを提供するのかを直接知ることができた。

FX9は2年以上前に発売されたが、ソニーがその魅力を持続させていることは間違いなく素晴らしいことだ。今でも、特に(クリエイティブな)放送の世界では、最も人気のあるカメラの一つであることは間違いない。この新しいFWアップデートについては、すでに別の記事で紹介しているが、ここでは簡単にレビューする。

Sony FX9. Credit: CineD

FX9ファームウェアV3の主な特徴は以下の通り

  • アナモフィックレンズのサポートに加え、液晶ビューファインダーでの2倍のデスキューを実現
  • イーサネット経由でカメラを制御するためのS700PTPリモートプロトコル
  • ソニーLA-EB1アダプター使用時のB4レンズ対応 – S16スキャンモード(最大1080p)、レンズコントロール、ALAC(自動レンズ収差補正)機能
  • PXW-Z280などに搭載されているデジタルエクステンダーのように、スキャンモードをシームレスに切り替えられるセンタースキャンモードスイッチ(FF6K、FFクロップ5K、S35、S16)
  • 液晶ビューファインダーにタッチしてフォーカスポイントを選び、その動きを追跡することができるリアルタイムトラッキング(タッチトラッキングAF)
  • C3ポータル対応 – 専用モバイルアプリでクラウドに接続可能
  • PXW-FS7と同様のクリップネーミング(カムID+リール番号)
  • フォーカスゼロマーカー(MF時の特定のフォーカス位置からのフォーカスギャップを数値で示す)により、時間的にフォーカスするポイントを指定し、そこに自由に戻ることができる。
  • ステータス画面で追加項目を変更可能
  • SR Live for HDRメタデータ対応
  • 記録用プロキシクリップのリアルタイム転送

これらの追加機能の中で、特に注目したいのは以下の点だ。

S700PTP remote protocol for controlling the camera over Ethernet. Credit CineD

イーサネット経由のリモートプロトコルでカメラを制御

FX9は放送局で非常に人気の高いカメラのため、S700TPでのリモートコントロール機能を含め、スタジオやライブイベント用に機能を拡張することは、必須なことだった。

B4 lens adapter and Broadcast lens on the Sony FX9
Before correcting the crop mode Credit: CineD
B4 lens support setup – S16 2K. Credit: CineD
Correct Crop Mode. Credit CineD

B4レンズサポート(S16/2K)

世の中にはたくさんの放送用ズームレンズがあり、そのほとんどがキヤノンやフジノン製で、それらのレンズは最も一般的な放送用カメラに搭載されている2/3インチセンサー用に作られている。しかし、ソニーのFX9はフルフレームカメラであるため、レンズのイメージサークルが小さすぎてセンサー全体をカバーできない。そこでソニーは、S16 2Kスキャンクロップモードを採用し、HD撮影時にフレーム全体を適切にカバーできるようにしている。さらに、この新しいモードは、カメラメニューからボタンに割り当てられ、素早くアクセスできるようになっている。(4/6Kではなく、適切なHD撮影モードにしておかないと、このクロップ機能は有効にならない)。

このモードで撮影すると、以下のようなメリットがある。また、センサーがピクセルをスキップしないため、毎秒60フレーム以上の撮影では、フルフレームで撮影した場合よりもクリーンで高品質な画像が得られる。

Touch Tracking Autofocus. Credit: Alister Chapman

タッチトラッキングAF

液晶画面をタッチしてのAFポイントの変更が可能になった。さらに、被写体にAFをロックし、必要に応じてカメラを移動させることも可能だ。

VF De-Squeeze Function for 1.3x and 2.0x anamorphic lenses. Credit: CineD

アナモフィックモニターモード

デスクイーズ機能が追加され、カメラのビューファインダー/LCDモニターでその結果を確認することができる。S35モードで1.3xまたは2.0xのアナモフィックレンズを使用して撮影し、画像を正しくデスクイーズすることが可能になった。もちろん、アナモフィック画像を外部モニターに出力することもできるが、適切なデスクイーズを行うためには、外部モニターが必要になる。

まとめ

FX6の登場により、FX9の注目度が相対的に低下した。しかし、ファームウェアアップデートのリリースで新しい機能が追加され、再び競争力が高まったといえる。

価格と発売時期

V3ファームウェアアップデートは、ソニーのサイトから無料でダウンロードできる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する