SOONWELLがSENSEI RGBWW LEDチューブライトを発売

SOONWELLがSENSEI RGBWW LEDチューブライトを発売

SOONWELLは、RGBWWLEDチューブライトの新しいラインナップであるSENSEIを発売した。長さ80cmのST25(25W)、長さ115cmのST50(50W)、長さ219cmのST100(100W)の3つのサイズを選択できる。 SENSEIはIP65防水で、着脱可能なバッテリーまたはAC電源で動作し、1.600Kから20.000Kまで調整できる。

LEDチューブライトは徐々に普及しており、現在、さまざまな価格帯で多くの製品が市場に出回っている。アステラスは依然としてRGB LEDチューブの「業界標準」だが、DigitalFoto、Vibesta、Nanlite、Quasar Scienceなどのメーカーも勢力を増している。

SOONWELLにはすでに小型のST1LED RGBWチューブライトがあるが、RGBWW照明のSENSEIラインナップを追加した。

主な特徴

SENSEI RGBWWのラインナップには、長さ80cmのST25(25W)、長さ115cmのST50(50W)、長さ219cmのST100(100W)の3モデルがある。サイズ/出力の違いを除き、すべてのモデルは非常に似ている。

Image credit: SOONWELL

ライトは着脱可能なバッテリーで駆動する。 SOONWELLによると、最大輝度で約4時間のバッテリー持続時間が期待できる。また、付属の5m100-240V電源を介して主電源に接続することもできる。

Image credit: SOONWELL

すべてのライトはIP65の耐候性/防水性で、内蔵バッテリーで水中撮影をサポートすることもできる。

出力

SOONWELL SENSEI RGBWW LEDチューブは、ワイド色温度モードで1.600Kから20.000Kまで調整できる。 SOONWELLによると、各チューブのCRIは96以上だが、TLCIは97以上で、かなり正確な色を出力する。

ST25の最大出力は1m / 5600Kで518ルクス、ST50の出力は1030ルクス、ST100の最大出力は2011ルクス。即ち、ST25はアクセントライトとしては便利だが、インタビューでキー/フィル/バックライト用途には少し低すぎる。ただし、ST50 / 100は、制御された照明環境で、この種の用途に適している。

もちろん、カラーシフトやちらつきなしで出力を0から100%まで調光できる。

Image credit: SOONWELL

SOONWELL SENSEI RGBWW LEDチューブライトは、CCT、CCT-S、RGBW、エフェクト、X-Y座標、HSI、SET-C、LEEフィルターモードなど、さまざまな照明モードを備えている。これらのモードは現在、RGBWW照明ではかなり標準的だが、欠けているものは無い。

Image credit: SOONWELL

コントロール

SENSEIチューブライトは、ユニットの端にある物理スイッチを介して制御できるが、内蔵の有線および無線DMXモジュールを介して制御することもで、ケーブルやワイヤレスで複数のユニットをリンクすることができる。マスターユニットは、すべてのスレーブSENSEIチューブを制御する。

Image credit: SOONWELL

マウンティングオプション

SENSEI RGBWW LEDチューブライトには、いくつかの取り付けオプションが用意されている。

  • 素早く簡単に調整できるボールヘッド付きのライトスタンドアダプタープレート。
  • 小さな三脚とグラウンドマウント。
  • ライトを吊るすワイヤーロープ。
Image credit: SOONWELL

価格と発売時期

現時点では、SENSEIST50のみが499ドルで入手可能。 ST25 / 100の価格や発売時期の情報は無い。

ST50には、33.6vバッテリー充電器、ユーザーマニュアル、電源ケーブル1本、ミニ三脚、ライトホルダー付き取り付けプレート、バッテリー、チューブクリップ、ワイヤーロープ1本、Eタイプコネクタ、DMX-DMXケーブルが標準装備されている。

詳細は、SOONWELLのウェブサイトを参照。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する