タムロンがEマウント28-75mm F/2.8 Di III RXDを発表

タムロンがEマウント28-75mm F/2.8 Di III RXDを発表

タムロンはソニーEマウント用28-75mm F / 2.8 Di III RXDを発表した。フルフレームミラーレスに対応した明るいズームレンズだ。

タムロンは、比較的低価格のレンズメーカーとして知られているが、最近では手ぶれ補正を備えたプライムレンズにも進出している。

タムロン28-75mm F / 2.8 Di III RXDは同社初のEマウントレンズで、回転端があり回転角の大きい絞りリングと広いズームレンジを備えている。このようなレンズは、ENGスタイルの撮影やイベント、ドキュメンタリー、結婚式などの撮影に適している。実際、ほとんどの種類の撮影に対応できるだろう。 RXD(Rapid eXtra-silent stepping drive)機能により、正確な高速オートフォーカスが可能となり、動く被写体を追跡するのに理想的だ。

また、レンズにDMF(ダイレクトマニュアルフォーカス)を採用、AFモードでもレンズを操作できるようにしている。これはフォーカスリングを操作するとフォーカスがマニュアルに切り替わる仕組み。これにより、狙った位置への正確なフォーカシングが可能だ。重量は550gで、比較的小型に設計されているため、セット全体がコンパクトに収まるのも魅力だ。

以下は28-75mm F / 2.8 Di III RXDの主な仕様

  • Eマウントフルフレームセンサーカメラに対応
  • F / 2.8の最大絞り
  • 最短焦点距離19cm
  • 望遠側で39cmの最短焦点距離。
  • 静かなRXDオートフォーカスモータユニット
  • 簡易防滴構造と防汚コートの採用
  • ソニーダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)に対応。
  • 重量550g

このレンジでは他社も含め24-70mmが多く、28-75mmはそれほど広角というわけではない。これを考えると、将来的にこの下に広角の固定絞りレンズを想定しているのかもしれない。

Tamron 28-75mm F / 2.8 Di III RXDレンズは、ソニーのEマウントカメラに最適なレンズの一つとなるだろう。現時点では価格は発表されていないが、戦略的に価格設定されれば、ソニー24-70mm F / 2.8 GMの好敵手となるだろう。発売は2018年中頃になる予定。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する