Ergorigがカメラサポートシステムを発表

2019.6.11

長くカメラマンをやっていると、日々重いカメラを担ぐため、肩に負担がかかってしまう。そのため体全体で重量を受け止める製品が存在する。 Ergorigもその一つで、かなりコンパクトかつ独自の機構を備えている。Cine Gear2019Ergorigの担当者に話を聞いた。

筆者はさまざまなジャンルの撮影を行っているが、肩担ぎの撮影が多い。重いカメラを使用する場合、撮影の終わりには体が悲鳴を上げている。多くのサポートシステムは、肩で重量を受け止めるため、背骨に負担がかかってしまうのだ。

Note the adjustable straps and ability for quick height adjustments using the center knobs.

Ergorigは第2の背骨を提供してくれる。体の大きさをはるかに超えるようなサポートではなく、そのため装着後の安定感も良い。またこれを装着すると、強制的に良い姿勢になり、肩からカメラをわずかに浮かせるデザインで肩にフィットする感じだ。実際に装着してみたが、かなり安定した撮影ができた。

価格は1850ドルで、このようなカメラサポートシステムの平均的な価格より安価だ。ただし、ジンバルでも使用できるというものではない。現時点では、2つのサイズ(標準と小型)しかないが、これら2つの基本サイズ以外でも調整することはできるようだ。 本本体は約2.3Kgで、装着するのに1、2分しかかからなかった。

同社のフロアでErgorigを装着し、約17KgのAlexaを担いでみたが、カメラの重量はうまく体全体で受け止められた。長期にわたって使用した場合の使用感も今後機会があれば報告したい。

Ergorigの詳細については、同社ののWebサイトを参照いただきたい。

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment0