ミラーレスカメラの未来 - Alice Cameraインタビュー

Alice Cameraは、Indiegogoでキャンペーンを成功させている。これはスマートフォンとマイクロフォーサーズイメージセンサーを備えたカメラをドッキングする新しいコンセプトだ。 Alice Cameraのメーカーで、英国を拠点とする新興企業photogram.aiのCEO Vishal Kumar氏にインタビューを行った。

2020年10月に、同社のAlice Cameraがソーシャルメディアに登場したとき、最初の記事をリリースした。小さな新興企業のphotogram.aiによって開発されたAlice Cameraは、2021年2月初旬にIndiegogoで公開され、£100,000以上を調達している。

ミラーレスカメラの未来?

Vishal Kumar氏は、データサイエンティストとコンテンツクリエーターのバックグラウンドを持っている。 またphotogram.aiのCTOであるLiam Donovan博士は、写真撮影とAI組み込みハードウェアシステムの構築の経験を持つ電子技術者だ。

Alice Camera. Source: Alice Camera

スマートフォンのような機能を持つミラーレスカメラは現在存在しない。スマートフォンメーカーは過去5年以上カメラの向上に努めているが、従来のカメラメーカーはAIやスマートフォン的な操作性からは遠いところにいる。

また、従来のカメラメーカーは、多くの点で開発費がかかるメカ的ソリューションを使用している。例えばIBIS(ボディ内手振れ補正)だ。Alice Cameraはジャイロスコープによる電子手振れ補正を採用しているが、これは場所とコストを節約し、同様の結果を生み出す。

Alice camera module. Source: Alice Camera

すべてのAI処理は、Alice Camera内で実行されている。スマートフォンは、コンテンツのモニターやコントロール、あるいは通信にのみ使用されている。また、Alice CameraはLinuxベースのCPUとGoogleのエッジTPUを搭載している。カメラは撮った写真から学習する。そのため、同社はオートフォーカスや自動露出などの自動機能は時間の経過とともに大幅に改善されると述べている。

主な仕様

  • イメージセンサー:Sony IMX29410.7MPクアッドベイヤーデュアルネイティブISO 4 / 3インチ
  • レンズマウント:マイクロフォーサーズ
  • ビデオ解像度:H.264またはH.265で最大4K 30fps、1080p 60fps
  • CPU:Google EdgeTPUチップ
  • スマートフォンのサポート:iOSとAndroid、幅6.42 cmから7.81cmまで
  • オーディオ入力:マイク用3.5mmジャック
  • 接続性:Bluetooth 5.0、IEEE 802.11ac2.4GHzおよび5GHzWiFi、最大速度500Mbps
  • バッテリー:USB-C急速充電を備えた内部5,200mAhリチウムイオン
  • ストレージ:32GBeMMC内部ストレージとMicroSDカードスロット
  • 本体:1/4インチ三脚ネジ、ストラップ取り付けポイント、前面記録タリーLEDライト
  • 一般:重量350-375g、寸法107x80x35mm

他のカメラとの類似点

他のカメラではZEISSのZX1がある。これは、固定35mm f / 2レンズ、大型タッチスクリーン、およびAdobe Photoshop Lightroom CCが組み込まれ、Androidオペレーティングシステムを備えたフルフレームカメラだ。フォトキナ2018での発売。ZEISSは2年以上の開発期間を経て、2020年10月にZX1の予約注文をスタートさせた。

ZEISS ZX1. Source: ZEISS

もちろん、ZEISS ZX1はオールインワンのカメラであり、6,000ドルのプレミアム価格で販売されるため、別のカメラだ。 Alice Cameraは当初、背面にディスプレイとスマートフォンOSを備えたスタンドアロンカメラだった。その後、既存のスマートフォンを活用することに焦点を合わせ、カメラ部分の開発に集中した。

Smartphone-Attached Cameras – Sony QX1 and DXO One. Source: Sony/DXO

スマートフォンに大きなセンサーのカメラモジュールを接続するアイデアは新しいものではない。過去は、ソニーのQX-line(QX100、QX30、QX10、およびQX1)またはDXOOneがある。これらのカメラはどれも大きく成功したわけではないが、Alice Cameraは以前のスマートフォンとは違う時代にいる。スマートフォンはより高性能になり、画面も大きく改善されている。さらに、コンテンツを共有する需要の高まりもあることから、Alice Cameraは時代に合ったラメラと言える。

開発状況

Alice Cameraは現在まだ開発段階で、プロトタイプも無い。しかし、2020年11月にベータプログラムを開始し、グループが必要な機能についてのフィードバックを行っている。

Alice camera app. Source: Alice Camera

また、photogram.aiはInnovate UKから助成金を獲得している。これは厳しい要件を通過したプロジェクトに与えられる、英国政府の資金提供プラットフォームだ。 Innovate UKからの資金は、プロジェクトのメンバーに大きな自信を与えた。

Indiegogoキャンペーンは2021年3月11日に終了する。2021年春に、カメラのハードウェアとソフトウェアの改良とスマートフォンアプリの構築を完了する予定。ベータ版ユーザーは、2021年5月頃に最初の実地テストを行う。出荷は2021年10月の予定だ。

価格と発売時期

Alice Cameraの価格は現在、アーリーバード価格で600ポンドから。 2個で£1000の選択もできる。送料・税金は料金に含まれていない。出荷は2021年10月に開始される予定で、通常の小売価格は750ポンドになる。

なお、クラウドファンディングでプロジェクトを支援するときはリスクに注意いただきたい。 Indiegogoの利用規約、特に「キャンペーンの支援」に関するセクションを読むことお勧めする。大幅な遅れが生じたり、製品化がcg風刺される場合もある。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する