パナソニック VariCam LT – 小型軽量化されたハイエンド4Kシネマカメラ

パナソニック VariCam LT – 小型軽量化されたハイエンド4Kシネマカメラ

Panasonic Varicam LT

パナソニックからVariCam LTがリリースされた。兄貴分のVariCam35からイメージセンサーとプロセシングを引き継いだ小型軽量の4Kシネマカメラだ。その他にも多くの機能が搭載されている。別項の“パナソニック VariCam LT – レビュー”も参照いただきたい。

パナソニック VariCam LTの概要

panasonic-varicam-lt-2

発表以来マーケットを賑わしているこのカメラだが、読者の関心も高いようだ。

機能性だけでなく、“新しいカメラのビジョン”をマーケットに問う、パナソニックの本気度も興味深い。

パナソニックは、キヤノンのC300やソニーのFS7に先駆けて、エントリーレベルのミラーレスカメラ(GH3やGH4)を投入してきた。そして遅ればせながら昨年VariCam35を、デュアルネイティブISOというコンセプトを掲げてハイエンドマーケットに投入した。しかし、価格的には限られたユーザーしか手が届かないレンジだったと言える。
VariCam LTは、このVariCam35のイメージセンサーとプロセシングを、小さなボディに収め、そして低価格化を達成したカメラだ。

panasonic-varicam-lt-3

panasonic-varicam-lt-4

主な機能

以下に主な機能を並べてみよう

  • VariCam35と同等のスーパー35mm MOSイメージセンサー採用
  • EFマウント(オプションでPLマウントも可能)
  • 専用ハンドルでワンマンオペレーション可能
  • 4K 10bit (AVC Intra) 30fps(4:2:2) / 60fps (LT)
  • 2K 12bit (AVC Intra) 30fps(4:4:4) / 60fps (LT)
  • 2K 240fps (画角はクロップされる)
  • ISO800とISO5000のデュアルネイティブISO
  • IRフィルター内蔵(取り外し可能)
  • P2カードに記録(最大256GBだが、将来512GBにも対応)
  • 約2.7Kg(本体のみ)
  • タイムコードジェンロック
  • NDフィルター内蔵
  • OLED EVF(オプション)(SDI出力使用)
  • 設置場所を変えられるメニューLCDモニター
  • カスタムLUTをWiFiでアップロード可能
  • VariCam35同様のインカメラグレーディング機能
  • SDIは同時3出力(EVF用を含む)
  • SDカードに6MbpsのHDプロキシを同時記録
  • Atomosやコンバージェントデザインなどの外部レコーダーでRAW記録可能

panasonic-varicam-lt-handheld

VariCam LTはこれら多くの機能を持っているが、ワークフローもVariCam35のそれを受け継いでいる。VariCam LTがこれだけ多くの機能を持っていると、上位機種のVariCam35はどうなのか気になるところだが、下の表を見ていただきたい。

VariCam LT vs. VariCam 35

価格はVariCam35より低価格と言っても、カメラボディのみで200万円を超えるが、オプションを追加すると更に出費が必要だ。 主なオプションは以下のものが用意されている。

ビューファインダー
ショルダーパッド
グリップアーム
PLマウントアダプター
256GB P2カード

オプションを追加するとさらに高価になる。スターターとしては本体と256GBのカードが最小構成だ。

VariCam LTで実際に収録した映像はこちら

パナソニックのVariCam LTサイトサイトへ

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する