TURBOCUT – Adobe CC 2020用の無料のプラグイン

TURBOCUT – Adobe CC 2020用の無料のプラグイン

Cinegyは、Daniel2 Plugin for Adob​​e CCの新バージョンを発表した。これはTURBOCUTと呼ばれるもので、Windows 10Adobe CC 2020に対応し、NVIDIA GPUを使用してH.264およびHEVC編集を可能にする。このプラグインにより、NVIDIA MaxwellまたはTuringシリーズGPU搭載のラップトップやエントリーレベルのパソコンでの編集を容易にする。 TURBOCUTMacWindowsの両バージョンがあり無料で利用できる。

TURBOCUT Adobe CC 2020 Plugin. Source: Cinegy

Daniel2はCinegyという会社のコーデックシステム。その主な特徴の1つは、GPUを利用していること。 Cinegyによると、Daniel2コーデックはGPU処理でパフォーマンスが向上させている。同社は、Daniel2コーデックシステムを使用した製品をいくつか提供している。 1つは、Adobe CC用のDaniel2プラグインで、今回はこれが更新され、その名前がTURBOCUTに変更された。

TURBOCUT – Adob​​e CC 2020用の無料のDaniel2プラグイン

Cinegyが述べているように、TURBOCUTへの名前の変更は、短くて簡単かつ機能を端的に表すのが目的だ。以前は、このプラグインは単に「Daniel2 Plugin for Adob​​e CC」と言う名称だった。これは、GPUを有効に活用することにより、より高速な編集を可能にすることだった。 Adobe CC向けのNVIDIAを利用したH.264およびHEVCエクスポートは、このプラグインの主な利点の1つだ。

プラグインの以前の更新では、たとえば新しいDaniel2カラーモード(4:2:2およびRGBAに加えて、クロマ4:2:0および4:4:4モード)を導入し、Daniel2を1/2、1/4、または1/8での解像度再生や、1/8再生でのデュアルコアウルトラブックまたはApple MacBook(専用GPUなし)でのDaniel2 8K編集などが行われた。

TURBOCUTの新機能

TURBOCUTの主な新機能は、エクスポートだけでなく、編集用に追加されたNVIDIAハードウェアアクセラレーションだ。これは、NVIDIAハードウェアデコードを使用して高速化されるH.264やHEVCなどの圧縮コーデックに適用される。

Cinegyによると、この新機能は、CPUはそれほど強力ではないがNVIDIAグラフィックチップを搭載しているパソコンに最も効果がある。 TURBOCUT NVIDIA編集アクセラレーションには、NVIDIA MaxwellまたはTuringシリーズGPUを搭載したWindows 10対応のAdobe CC 2020が必要だ。

また、Cinegyによれば、Daniel2をプレビューファイル形式として使用すると、ユーザーが編集したソース形式に関係なく、パフォーマンスがさらに向上する。シーケンスと同じ解像度で、プレビューストレージが遅すぎる場合を除き、スケーリングを回避する。

更に、Cinegy Daniel2 MXFエクスポート用のBT.2020色空間とHDR HLG、およびHDR PQにも対応している。

TURBOCUTは現在ダウンロード可能で、無料で入手できる。 WindowsとmacOSに対応する。TURBOCUT for WindowsTURBOCUT for Macがある。 NVIDIAカードを搭載したWindows 10コンピューターのみがその機能を最大限に活用できるが、TURBOCUTは、サポートされているすべてのシステムで他のすべての機能を提供する。 Cinegyは、次のダウンロード手順を公開している。(要約)

新しいライセンスキーが送信されますが、インストール済みの既存のライセンスキーを引き続き使用することもできます。Cinegy License Managerを開いて、TURBOCUTライセンスがすでに表示されているかどうかを確認する必要があります。そうでない場合は、上記のリンクからダウンロードをリクエストするときにメールで受信する新しいキーを使用してください。

Demonstration of NVIDIA accelerated editing in Adobe Premiere CC 2020. Source: Cinegy

Cinegy Player 3

Cinegyは、Windows用の無料のDaniel2パワードユニバーサルビデオプレーヤー、Player 3も提供している。Daniel2ビデオファイル用のスタンドアロンプ​​レーヤーで、XDCAM、XAVC、ProRes、およびその他の多くのフォーマットもサポートしている。 Player 3は、NVIDIA GPUを使用して高速デコードを行うが、Cinegyによると、CPUのみのパソコンでも非常に高速に動作する。そのパフォーマンスの例として、同社はNVIDIA GTX 1050グラフィックスカードで8K 4:2:2 10ビット@ 60fpsのフル再生に十分対応すると述べている。

Cinegy Player 3 for Windowsの最新バージョンは、こちらから無料でダウンロードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する