Vimeoが360°映像に対応

Vimeoが360°映像に対応

Vimeo 360は360°ビデオに対応した新しい専用プラットフォームだ。現在グローバルビデオ共有サイトから入手できる。

Vimeo 360

Vimeoは正式に360°映像への対応を表明した。Vimeo 360では、高品質の360ビデオコンテンツのアップロードと再生ができる。

アップロード

ユーザーは、最大8Kの解像度で臨場感あふれるビデオコンテンツをアップロードできるようになった。 Vimeoサーバーは、既存のビデオメタデータを読み込み、再生時は可能な限り高品質の再生を行う。またアップロードプロセスも簡単だ。更にモノスコープの映像コンテンツに加え、ステレオスコピック映像コンテンツをアップロードできる。後者は、2つのビデオストリームからなる映像で、3次元映像を体現することができる。

また、ビデオの視界を制限したり、デフォルトで最適な方向に向ける設定など、360°映像を視聴する場合のオプションも選択できる。

再生

再生に関しては、専用のアイコンで360°ビデオコンテンツを識別することができ、通常のVimeoビデオ同様、任意の場所に埋め込んで再生することができる。モノスコープ再生の場合は、タップしてモバイルデバイス上を移動したり、コンピュータ上で視聴している場合は、クリックやドラッグ、あるいは矢印キーを使用して操作することができる。 Vimeoアプリは、立体視用のヘッドセットの使用もサポートしている。

もし360°ビデオが単なる流行と思っていたり、普通に使われるようになるとは思っていないなら、新しいVimeo360チャンネルのコンテンツを視聴してみると良いだろう。考えが変わるのではないだろうか。なお、PROまたはビジネスアカウントの場合、Vimeoマーケットプレイスで自分のビデオコンテンツを販売することもできる。

Vimeo 360 Video School

360°ビデオについて詳しく知りたければ、Vimeo 360 Video Schoolを利用してみると良いだろう。技術的な説明や編集のヒント、用語集、ケーススタディなど数多くのビデオが収録されており、新しいコンテンツが定期的に追加されている。

360°ビデオが普及するにつれ、それを制作したり視聴するためのツールは安価になり、更に普及していく。360°映像はFacebookやYouTubeでも可能だが、Vimeoでのサポートは、世界中の目の肥えた映像制作者に満足を与えるものだろう。

360°映像の新機能や専門用語、あるいはサンプルビデオなどの詳細については、Vimeo 360の紹介ページを参照していただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する