ペリカンケースにスタジオを収納

ペリカンケースにスタジオを収納

映像クリエーターのCaleb Pike氏は、ブラックマジックデザインのAtem Miniを収納したペリカンケースを発表したが、その後撮影とストリーミングができる機材一式が収納されたペリカンケーススタジオを自作した。撮影用のセット一式とをペリカンケースに収納し、いつでもどこでも使用できるようにした。

ペリカンハードケースを開け、電源を入れてRECボタンを押すだけで、撮影が開始できる。プロがいない場合でも、理論的にはリモートで誰でも使うことができる。このケースには、レンズ付きのカメラ、モニター、ワイヤレス オーディオ、ライト、スイッチャーなど、小さな スタジオが収納されている。

ペリカンケース

すべてが機内持ち込みできるサイズのペリカンケース1510に収まっている。ローラーケースなので、通常の機内持ち込み手荷物の重量制限をすぐに超えてしまうが、とても便利だ。機材はペリカンケースの蓋に3本のレールが取り付けられており、これに固定する。

mounting brackets inside the lid
Mounting brackets inside the lid. Source: DSLR Video Shooter

ケースの他の部分には、パッド入りの仕切りが並んでおり、予備の機材を収納できる。

padded dividers in the bottom half of the case
Padded dividers in the bottom half of the case. Source: DSLR Video Shooter

機材

ケースの中には、edelkrone FlexTILT ヘッドに取り付けられた キヤノンM50 Mark II がある。オプションのモニターを取り付けて、モニタリングも可能だ。

camera and monitor mounting
camera and monitor mounting. Source: DSLR Video Shooter

Rode Wireless GO II ワイヤレス オーディオ セットは、マウント レールの 1 つに取り付けて、簡単に展開できるようになっている。

RODE Wireless GO II mounting
Rode Wireless GO II mounting. Source: DSLR Video Shooter

ライトが必要な場合は、小型の Viltrox L132T オンカメラ ライトを使用する。

Viltrox on-camera light
Viltrox on-camera light. Source: DSLR Video Shooter

ケースの中には、交換レンズ用のスペースがある。すべての機材は、 DC カプラーまたは通常の USB ケーブルを使用して、通常の USB 電源バンクで給電や充電ができる。

様々な状況で使用

このペリカンケースは、いつでもどこでもすばやく設定できる。flexTILT ヘッドにカメラを搭載すると、柔軟に撮影できるが、調整できる範囲が多少制限される。三脚を使用する方が簡単な場合もある。いずれにしても撮影するコンテンツの種類に応じて、さまざまな状況ですばやく撮影を開始できる。

creative positioning
creative positioning. Source: DSLR Video Shooter

ケースへの取り付けは、ケースのシェルを貫通しないようにされているので、ケースは常に元に戻すことができる。

想定されるユーザー

新型コロナウイルスの影響で、リモート作業が一般的になり、このような撮影スタイルは今後ますます一般的になるだろう。

したがって、このようなソリューションに対する需要は確実に存在する。ただしボックス内の機材は、セットアップに何らかの知識が必要で、撮影に不慣れな人にとってどれほどうまく機能するかは未知数だ。ラップトップカメラほど簡単ではないだろう。

自作の可能性

もちろん自作も可能で、こちらのYouTubeビデオが参考になる。

Source: DSLR Video Shooter on Youtube

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する