Z CAMがIPMAN Sを発売 – 安価なストリーミングデバイス

Z CAMがIPMAN Sを発売 – 安価なストリーミングデバイス

Z CAMはIPMAN Sを発売した。これは、手頃な価格のストリーミングおよびワイヤレスビデオ伝送デバイスだ。送信機または受信機として機能し、HDMI入力ポートと出力ポートの両方があり、最大1080/60fpsのビデオをワイヤレスで送信できる。 NP-FバッテリーまたはDC入力で動作する。6月に149ドルで発売される予定。

中国のカメラメーカーZCAMは、センサーサイズの異なる各種カメラを製造している。たとえば、Z CAM E2F6のレビューはこちら。また、カメラ用のアクセサリーもいくつか製造しており、最新のものは、ワイヤレスビデオトランスミッターとIPMANSと呼ばれるストリーミングデバイスだ。

主な機能

Z CAMのIPMAN Sは、通常のワイヤレスビデオ送信機のような2本のアンテナを備えたコンパクトなデバイスだ。これにはHDMI入力と出力の両方がある。なお、HDMI出力を備えた一部のカメラに対応するが、どのカメラに対応するかの情報は無い。主な機能は次の通り。

  • ワイヤレスIPとイーサネットライブストリーミング
  • ネットワーク内の複数のカメラに対応
  • ワイヤレスビデオ伝送
  • ワイヤレスHDMIトランスミッター/レシーバー
  • モバイルデバイスでのワイヤレスライブビュー
  • モバイルデバイスでのワイヤレスカメラ制御
The IPMAN S Wireless Streaming Device. Source: Z CAM

イーサネットストリーミングの場合、デバイスにはUSB-C – イーサネットアダプターが必要となる。ビデオ入力が1つしかないため、各デバイスは1つのカメラにしか接続できない。送信機モードと受信機モードを切り替える小さなスイッチが側面にある。ライブストリーミングは、有線または無線接続で最大4台のデバイスに対して同時に機能する。側面には、ステータスを確認するための小さなディスプレイと、セットアップ用の3つのボタンがある。

The IPMAN S Wireless Streaming Device. Source: Z CAM

IPMAN SのHDMIポートは、最大1080/60fpsに対応する。 HDMI出力ポートは、デバイスが送信機(TX)モードに設定されている場合のループアウトとして、または受信機(RX)モードがアクティブになっている場合のビデオ出力として使用できる。スイッチのTXとRXの間にMモードがあるが、それに対する説明はない。

IPMAN Sには、NP-Fバッテリー(バッテリープレートはデバイスの背面にある)またはDCソケット6.2V〜18Vのいずれかから電力を供給する。見通し内伝送距離は約50mだが、これはもちろん、現場の無線干渉によって異なる。

The IPMAN S Wireless Streaming Device. Source: Z CAM

価格と発売時期

IPMAN Sは2021年6月に出荷の予定で、希望小売価格は149ドルに設定されている。パッケージには、本体と2本のアンテナが含まれる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する