広告

ZEISS Cinema Americasが映画界へのサービス向上のために拡大

ZEISS Cinema Americasが映画界へのサービス向上のために拡大

ZEISS Cinemaは、アメリカでのサポートとサービスを拡大し、意欲的なシネマトグラファーやACにハイエンドのシネマレンズを提供している。

ZEISSは、最新のプレスリリースで、パンデミックの間、ロサンゼルスにあるシネマレンズデモセンターのサポートとサービスを維持し、さらに強化することができたと説明している。

ZEISS Cinema
ZEISS Supreme Primes Radiance. image credit: ZEISS

ZEISS Cinema America

ZEISSのLAに拠点を置く、シネマセールスの責任者であり、レンズエキスパートであるSnehal Patel氏は、設備の整った施設の利点を指摘する。「世界的なパンデミックの際にも、レンタルハウスやDPにデモレンズを流し続けることができましたし、我々のチームはオンラインツールを使ってコミュニティと連絡を取り合っていました。」 と語っている。制限が緩和されたことで、ロサンゼルスの快適なスペースは、安全な対面式のレンズデモや教育セミナーのためのスペースとなっている。

チームの拡大

大きなニュースは、ZEISSが高品質のサービスを維持するために、すべてを支えるチームを拡大する必要があると判断したことだ。そのために、著名なJean-Marc Bouchut氏をZEISS Cinema Teamに迎え入れた。

以下は、そのプレスリリースから。


フランスのレンズメーカー、アンジェニュー社で30年の経験を積んだBouchut氏は、ツァイスのシネマセールスディレクターとして、ニューヨークオフィスから撮影監督やクルーをサポートすることで、東海岸におけるZEISSの存在感を高めていきます。

ロサンゼルス本社には、ダイナミックレンタルからZEISSに移籍してきたAnna Schmidt氏がおり、同氏は、ダイナミックレンタルからZEISSに移籍し、マーケティング担当シニアマネージャーのTony Wisniewski氏と協力して、ZEISSのマーケティング活動や教育イベントをサポートしています。

ZEISS
The Zeiss Cinema Team – Jean-Marc Bouchut on the left, Anna Schmidt in the middle (Photo by Ryan Miller/Capture Imaging)

つまり、ZEISSは映画製作者への強力なサポートを続けている。もちろん、ハイエンドのシネマレンズを提供することで、意欲的なカメラマンを支援している。また、これらのレンズはかなり高価なので、まずテストせずにオンラインストアから購入することはなだろう。しかし、ZEISSは製品をテストできる施設を提供し、プロの映画制作者が実際に利益を得られるような方法で宣伝している。きちんとしたテストベイ、グレーディングスイート、映写室など、すべてが揃っている。

Link: Cinema Lens Demo Center

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する