ツァイス(ZEISS)が Supreme Prime18mm T1.5、40mm T1.5、 200mm T2.2を発表

2020.7.5
ツァイス(ZEISS)が Supreme Prime18mm T1.5、40mm T1.5、 200mm T2.2を発表

ZEISSはフルフレームシネレンズのZEISS Supreme Primeラインのレンズ3本を発表した。2つはすでにロードマップにあるものだが、1つは完全に新しいものだ。40mm T1.535mm T1.550mm T1.5の間のギャップを埋める役割を果たす。

ZEISS Supreme Prime

Three new Supreme Prime cine lenses. Image credit: ZEISS

Supreme Primeラインナップは2018年に初めて導入され、その年のCineGearで実際に目にする機会があった(記事はこちら)。これらのレンズは、ハイエンドのフレームセンサーシネカメラ用に設計されている。

ツァイスSupreme Primeレンズ

ツァイスは2018年に、最初のレンズを発売し、また今後発表されるレンズのロードマップも発表した。たとえば、今回発表された18mm T1.5と200mm T2.2もそうだ。

18mmはかなり広角な焦点距離だが、2021年半ばまでにさらに広角の15mm T1.8が追加される予定。これにより、Supreme Primeファミリーのレンズは合計14本になる。

ZEISS Supreme Prime

That’s not all of them! Image credit: ZEISS

同社はラインナップ全体を紹介する2つの新しいプロモーションビデオをリリースした。

2番目のビデオでは、レンズのフォーカスブリージング、フォーカス、ボケを説明したもの。どちらのビデオもソニーのVENICE 6Kで撮影された。

ファミリーのすべてのレンズは、フルフレームと46.3 mmのイメージサークルを持つさらに大きなセンサーをカバーしている。 Supreme Primeレンズは、全範囲にわたって色が一致している。ほとんどのレンズのフロント径は95mmで、各レンズにはフォーカスとアイリスリングの位置が標準化されている。

主な仕様

下はSupreme Primeファミリーのレンズの仕様。

ZEISS Supreme Prime

The Supreme Prime family of cine lenses. Image credit: ZEISSただし近日発売予定の15mm T1.8レンズの詳細は含まれていない。

これらのレンズは、ハイエンドの映画やCMでの使用を想定しているため、いわゆる拡張データインターフェイスを備えている。

ZEISS Supreme Prime

eXtended Data. Image credit: ZEISS

これにより、Cooke / i *テクノロジーとZEISSディストーションおよびシェーディングレンズデータに基づいて主要なレンズデータを記録できる。ビデオファイルと一緒に記録し、ツァイスが開発したレンズプラグインを使用するなどして、ポストプロダクションで合成に適用できる。

レンズマウント(PL、ARRI LPL、Canon EF)はユーザーがカスタマイズ可能で、T4 Torxドライバーだけでメートルからフィートに、またはその逆にスケールを交換することもできる。

まとめ

これらのレンズは非常に高価で、すでに入手可能なレンズの価格は、それぞれ約20,000ドル。新しい18mm T1.5、40mm T1.5、および200mm T2.2は2020年9月出荷予定で、15mm T1.8は2021年半ばまでに出荷の予定。

ZEISS supreme prime

image credit: ZEISS

Links: ZEISS

 

広告

Leave a Reply

avatar
フィルター
全て
ソート
most voted
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
most voted

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

mode_comment