広告

ZEISS Virtual Film Festival Week – 本日よりシネマトグラフ・ラウンドテーブルを開催

ZEISS Virtual Film Festival Week - 本日よりシネマトグラフ・ラウンドテーブルを開催

ZEISS Cinema Americas Spotlights Film Festival Week 2022は、興味深いコンテンツが満載の無料バーチャルイベントだ。本日午後12時PST(東部標準時午後3時)からシネマトグラファーのラウンドテーブルで始まり、1月25日火曜日にはACSのMatthew Chuang氏とのディスカッションが続く。


もうすでに、実際の物理的なイベントは前世紀の遺物になっているようだが、願わくば、早く現実の出来事に戻って欲しいものだ。それまでは、バーチャルなイベントを活用しなければならないが、これも継続されるのだろう。ポストCovidの時代には、バーチャルとフィジカルなイベントが共存し、より便利な方を利用するようになるのだろう。

とにかく、今日からZEISSはパークシティ・サンダンスフェスティバル(2020年の総括:英語)のサポートイベントとして無料のバーチャル映画祭ウィークを開催し、スケジュールの最初のイベントは撮影監督のラウンドテーブルだ。

シネマトグラファーズ・ラウンドテーブル

Cinematographer’s roundtable. Source: ZEISS

今年のZEISS Cinema Americas Spotlights Film Festival Weekの最初のイベントは、6人の撮影監督による詳細なラウンドテーブルで、れぞれパークシティの映画祭で上映されるプロジェクトがある。ゲスト撮影監督とその作品は以下の通り。

  • Melinda James – Work
  • Charlotte Hornsby – Master
  • Alex Disenhof, ASC – Alice
  • Andrew Wheeler – God’s Country
  • Jordan Parrott – Chaperone
  • Wyatt Garfield – Resurrection

イベントのホストであるスネハル・パテルが、ワークフローやクリエイティブな選択など、選択した作品について出演者に話を聞く。その後、観客との活発なQ&Aが行われる。この無料イベントは、本日午後12時PST(東部標準時午後3時、中央ヨーロッパ時間午後9時)に開催される。シネマトグラフ・ラウンドテーブルへの無料参加登録は、以下のZEISS Zoomウェビナーサイトからできる。

From 2020 Panel: Moderator Snehal Patel, Local 600 DP Eric Branco, and The Forty-Year-Old Version’s Writer/Director Radha Blank. Source: ZEISS

マシュー・チュアン氏(ACS)とのディスカッション

ZEISS映画祭ウィークは、1月25日(火)午後12時PST(東部標準時間午後3時、中央ヨーロッパ時間午後9時)から、撮影監督のマシュー・チュアン氏(ACS)をゲストに迎えて続きます。Matthew氏の最新ホラー映画「You Won’t Be Alone」(Focus Pictures)は、2022年のサンダンスでワールドプレミアされる予定。

長編映画、ミュージックビデオ、受賞歴のあるコマーシャルで知られるこの撮影監督は、新作のほか、『The Babadook』や『The Nightingale』などの過去作におけるクリエイティブな選択と技術的ソリューションについて語る予定。

また、春に公開予定のFXネットワークとディズニーのドキュメンタリーシリーズ「Outlaw: The Saga of Afeni and Tupac Shakur」(5部作)でのアレン・ヒューズ監督とのコラボレーションも予定されている。 マシュー・チュアン 氏とのディスカッションに無料で参加するには、以下のZEISS Zoomウェビナーサイトにアクセスしていただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する