BMPCC 6KのマクロレンズをDIYする

BMPCC 6KのマクロレンズをDIYする

撮影監督のDaniel Schweinert氏は、Blackmagic Pocket Cinema Camera6Kに顕微鏡レンズを装着するチュートリアルをリリースした。 8倍のマクロ撮影が可能となる。

Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kは、かなり前から発売されており、また数週間前にリリースされたBMPCC6K Proは、独立系のシネマトグラファーに人気が高まると思われる。

BMPCC 6Kには、DIYでフリップモニター化するユーザーもいたが気温会の記事もDIY愛好家の投稿だ。

この記事は、Laowa 24mm F / 14プローブレンズを使わずに、印象的なマクロ映像を撮影するDIYだ。

Image credit: Daniel Schweinert

BMPCC 6Kにマクロレンズをマウントする

Daniel Schweinert氏はドイツの撮影監督で、最近BMPCC6Kに顕微鏡のレンズをマウントするためのチュートリアルをリリースした。このチュートリアルは、S35センサーを搭載したキヤノンEFマウントを備えた他のカメラでもできる可能性がある。

Image credit: Daniel Schweinert

ほとんどの古い顕微鏡レンズはRMSレンズマウントを備えているが、新しいモデルにはM25-M39レンズマウントがある。 RMSレンズは10ドル前後から手頃な価格で入手できる。

Schweinert氏のプロジェクトは、3DプリントされたRMS-M42レンズマウントアダプターから始まる。次に、このアダプターを別のM42-EFアダプターにマウントする。こちらから3Dモデルをダウンロードして印刷できる(無料)。

このRMS-M42アダプターはオンラインで購入することもできる。

Image credit: Daniel Schweinert

氏は、ヴィンテージのLomo 8倍顕微鏡レンズを使用したが、残念ながら、ケラレが出ている。

Image credit: Daniel Schweinert

ケラレを無くす方法

Schweinert氏は、「延長チューブがないと、倍率が8倍未満になり、ケラレが発生することに気付いた。オンラインドキュメントを読み、Lomo 8xでケラレをなくすには、カメラから顕微鏡レンズまでの距離を約160mmに増やす必要があることが分かった。」

「ケンコー/キヤノンEFエクステンションチューブも試し、全長は約160mmだった。必要な倍率に応じて、その長さで遊ぶことができる。そして、光量を十分取り入れる必要がある」と述べている。

Image credit: Daniel Schweinert

Schweinert氏は多くのキヤノンEFエクステンションチューブを追加し、素晴らしい撮影ができた。

Image credit: Daniel Schweinert

もちろん、レンズとカメラの間に非常に多くの段差があるため、正しく露光するにはかなりの量の光が必要になる。氏は次のように述べている。

Schweinert氏はまた「カメラ自体は、モーションモジュールを備えた古いEdelkroneスライダーに取り付けた。短い4K/ProRes422HQ映像を記録し、HeliconFocusで直接焦点合成に使用した。このハエの撮影では、平均160フレームを使用した。」

「スライダーは、これらの極端なマクロ撮影用ではなかったので、震えによるモーションブラーを避けるため、シャッタースピードを1/300に上げた。このようにして、Helicon Focusで機能するクリスタルクリアな映像を撮影した。」よ述べている。

詳細については、Daniel Schweinert氏のブログをご覧いただきたい。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する