広告

Adobe Premiere ProとAfter EffectsのアップデートでFrame.ioの統合を実現

Adobe Premiere ProとAfter EffectsのアップデートでFrame.ioの統合を実現

Adobeは、Premiere ProとAfter Effectsのアップデートをリリースした。このアップデートには、両ソフトウェアに100GBの無料ストレージを提供するFrame.ioの統合を含む多数の新機能が含まれている。また、Premiere Proでは、インポート/エクスポートページのデザインが変更され、Lumetri内のAdobe SenseiによるAuto Colorが搭載されている。After Effectsでは、Apple M1 Macでのパフォーマンスが向上し、新しいシーン編集検出機能が追加された。

昨年、Adobeはクラウドレビューの会社/技術であるFrame.ioを12億7500万ドルという巨額な金額で買収した。Adobeは、Frame.ioをCreative Cloudアプリに完全に統合するのに少し時間がかかった。今回、最新のAdobe Premiere Pro/After Effectsのアップデートで、両ツール間のシームレスな統合が可能になった。ユーザーにとっては、撮影から納品、そして最終的なクライアントの承認まで、より迅速に進めることができるようになる。

Adobe Premiere ProとAfter Effects内でのFrame.ioの統合

最新のAdobe Premiere ProとAfter Effects 22.3のアップデートでは、Frame.ioの統合が組み込まれている。

  • Adobe IDを使用してFrame.ioにログインする。新しいアカウントを作成する必要はない。
  • Frame.ioの100GBのストレージを無料ですぐに利用できる。また、Camera to Cloud(C2C)機能とも連動する。C2Cについてはこちら
  • 映像/メディア/エクスポートをPremiere Pro内のFrame.ioウィンドウに直接ドラッグ&ドロップして、コラボレーターやクライアントと共有することができる。
Image credit: Adobe

Creative Cloud会員向けの無料パッケージには、最大5つのアクティブなプロジェクトと無制限のレビュアーが含まれている。

より多くのストレージ容量が必要な場合や、より多くのプロジェクトに同時に取り組む場合は、Frame.ioでPro、Team、Enterpriseプランを購入することができる。すでにFrame.ioでそのようなプランのユーザーも心配はいらない。Adobe Premiere ProとAfter Effects内でのこの統合もシームレスに行われる。

Image credit: Adobe

Adobe Premiere Proの新機能

また、Adobe Premiere Pro内部でもいくつかの変更点がある。まず、ベータ版ではすでに利用可能だったルメトリパネル内のオートトーンボタンが、すべてのユーザーで利用できるようになった。さらに、このカラー機能はLogフッテージに対応し、Lumetri内のAutoボタンに置き換わる。

Image credit: Adobe

次に、Premiere Proの内部をより簡単にナビゲートするための新しいヘッダーバーにインポート、編集、書き出しの3つのタブがある。カラー/グラフィックス/オーディオといった従来のワークスペースは、右側にあるカスタマイズ可能なドロップダウンメニューから利用できる。

Image credit: Adobe

書き出しタブは、より直感的なデザインに変更された。さらに、YouTube/Twitter/Facebook用のダイレクト書き出しプリセットが用意されており、ソーシャルメディアに直接書き出し、アップロードすることができる。また、Premiere Proは、FTPサイトやソーシャルプラットフォームに直接ビデオをアップロードでき、本番前にレビューのために非公開で投稿するオプションも用意されている。

Image credit: Adobe

Adobe After Effects 22.3アップデート

最後に、Adobe After Effects 22.3では、以下のような新機能が追加された。

  • 拡張ビューア:Draft 3Dエンジン使用時に、フレームのエッジの外側に位置する2Dおよび3Dレイヤーを表示することができる。
  • シーン編集検出:Adobe Premiere Proで既に提供されているこの機能は、Adobe Senseiによって、編集されたクリップのシーンの変更を自動的に検出する。その後、個別のレイヤーとして配置したり、編集ポイントにマーカーを作成することで、プロジェクトのセットアップを迅速に行うことができる。
  • パフォーマンスの向上:最新バージョンでは、Apple M1 Mac上で最大3倍高速化されている。
Image credit: Adobe

価格と発売時期

Frame.ioを統合したAdobe Premiere ProおよびAfter Effects 22.3アップデートは、現在、すべての既存ユーザーを対象に無償で提供されている。

詳しくは、同社のウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手