CAME-TVがBoltzen P-1200R RGBDTライトを発表

CAME-TVがBoltzen P-1200R RGBDTライトを発表

CAME-TVはBoltzen Perseus P-1200R RGBDT LEDライトパネルを発表した。これは55Wの光出力とコンパクトなサイズ、または同社の「ReadytoFly」ライトと組み合わせることができる。このライトは、複数個を積み重ねて持ち運びを容易にすることができる。またこのライトは、200Kから10000Kの全範囲にわたって94-98の高いCRIを実現している。価格は268ドルから。

LEDライトはますます小さく、より強力になっているが、更にRGB出力とワイヤレス制御も可能となり、進化を続けている。

中国のメーカーCAME-TVは、すでにRGBLEDライトをラインアップしている。今回同社は、PerseusP-1200Rと呼ばれる新しいコンパクトサイズのRGBDTパネルを発表した。

Boltzen Perseus P-1200R

新しいBoltzenPerseus P-1200Rライトは、コンパクトながら高いCRIRGB出力を備えている。これらのライトは、特にフライトでの持ち運びが必要な場合に、平らに折りたたんで積み重ねることができる独自のヨーク設計となっている。

RGBDTは「赤-緑-青-昼光-タングステン」の略で、パネルに5つの異なるLEDユニットが使用されている。(同じ意味でRGBWWを使うメーカーもある)。もちろん、通常のRGBライトは白色を生成できるが、RGBユニットの間に2つの白色LEDユニットを追加すると、白色光の高いCRI値が維持される。

Boltzen Perseus P-1200R light. Source: CAME-TV

CAME-TVによると、2000K〜10000Kの色範囲では、DT(白)グループのLEDが98の高いCRIを持つ。3200K未満または5600Kを超える色範囲では、RGBおよびDTグループのライトが点灯し、約94のCRIとなる。

ライトの強さは55Wに留まるが、さまざまな距離での出力の情報はない。

Boltzen Perseus P-1200R light. Source: CAME-TV

現時点ではライトの正確な寸法も入手できないが、背面のVロックプレートのサイズから判断すると、パネルは非常にコンパクトだ。 Vロックバッテリーパックとは別に、ライトには付属のDC15V4ピンケーブルで電力を供給できる。

The P-1200R back panel. Source: CAME-TV

Boltzen Perseus P-1200Rは、パネルの背面に2つの調光器、2つのボタン、およびコントロールパネルがある。 また、Boltzen LED Commanderを使用して、ワイヤレス(Wi-Fi)リモコンやアプリから制御することもできる。

P-1200R kit in a hard case. Source: CAME-TV

価格と発売時期

Boltzen Perseus P-1200Rには複数のセットが用意されている。

  • キャリーバッグ付きP-1200Rユニット1台:268ドル
  • キャリーバッグ付きP-1200Rユニット2台:520ドル
  • Vロックバッテリーとフォームケースに入ったリモコン付きのP-1200Rユニット2台:688ドル
  • フォームケースにリモコン付きのP-1200Rユニット3台:788ドル
  • フォームケースに入ったVロックバッテリー付きP-1200Rユニット3台とリモコンのコンプリートキット:999ドル
Five different sets available. Source: CAME-TV

新しい情報を入手次第、記事を更新する。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する