キヤノンが新ミラーレスEOS M5を発表 - HD/60pで撮影可能

キヤノンが新ミラーレスEOS M5を発表 - HD/60pで撮影可能

キヤノンがミラーレスカメラEOS M5を発表した。24.2MピクセルでAPS-Cサイズのセンサーを搭載する。残念ながら4Kビデオは搭載されていないがHD60pまで撮影できる。

ミラーレスカメラマーケットでは各社がしのぎを削っている。ビデオマーケットではソニーのAPS-Cやフルサイズ機が多く使われているのはご存知の通りだ。パナソニックのGH4も動画でよく使われる機種だ。EOS M5はどうだろうか?

Canon EOS M5

EOS M5の位置付け

EOS M5は、DSLRでは大きすぎると言うカメラ好きにはちょうどいいサイズだ。キヤノンは80Dに比較して極めてコンパクトと謳っている。しかしミラーレス用のレンズはまだ少なく、膨大な資産を持つEFやEF-Sを装着するにはマウントアダプターが必要だ。HD/60pは悪くないが、4Kが撮れないのは、先の5D Mark IVの記事から分かるように、仕方ないことかもしれない。

コンビネーションISを搭載するのはキヤノン機の動画機能では初となる。これはボディ内のDigic7プロセッサーで制御される5軸手振れ補正と、レンズの手振れ機構を併せ持ったもの。恐らく電子手振れ補正は、ワープスタビライザーのようにソフト的に補正するもので、ソニーのα7SIIなどのセンサーで行う光学式のものとは異なっていると思われる。

ビューファインダーには高解像度の電子ビューファインダーが搭載されている。また、フォーカシングには重要なピーキング機能も搭載。デュアルピクセルCMOS AFはタッチスクリーンLCDパネルでコントロール可能。高い被写体追従性を誇っている。スクリーンは3.2インチでチルト機構付。5D mark IVでも望まれている機能ではある。

また、通信機能としてBluetoothが搭載されており、スマートフォンとの連携が可能となっている。カメラに記録されている映像をスマートフォンで見ることができるほか、カメラをスマートフォンからリモートコントロールして撮影ができる。ライブビューで、映像の確認も可能だ。なお、ヘッドフォン出力は搭載されていない。

テストラボでのテストを行う予定だが、HD用のカメラとしての実力に期待したい。

主な仕様

  • 2メガピクセルAPS-Cセンサー
  • ISO 感度 100 – 12,800(動画時)
  • デュアルピクセルCMOS AF
  • 1080/60p /MP4
  • 本体内5軸手振れ補正とレンズ内補正のコンビネーションIS
  • 高解像度 EVF
  • タッチスクリーンでチルトするLCDモニター
  • ビルトインWi-Fi /bluetooth でのリモートコントロール
  • EF-M レンズマウント(EF/EF-Sはマウントアダプターを介して使用可能).
  • 7fpsでの連写
  • タイムラプス機能

11月下旬発売予定。国内価格はオープンだが、海外では$979.99。

また、EF-M 18-150 F/3.5-6.3 IS STMレンズも商品化する。(35mm換算で29mm-240mm) 発売予定は12月。

キヤノンのプレス記事はこちら

EOS M5のサイトはこちら

EF-M 18-150 F/3.5-6.3 IS STMのページはこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する