Convergent DesignがワイヤレスUSBマイクロフォンシステムErikaを発売

Convergent DesignがワイヤレスUSBマイクロフォンシステムErikaを発売

Convergent Designは、USBワイヤレスマイクシステム「Convergent Design Erika」を発売した。このシステムは、ラップトップやスマートフォンにUSBケーブルで接続するワイヤレスレシーバーと、最大12台のトランスミッターで構成されている。

Convergent Designはアメリカの会社で、主にオンカメラのモニターやレコーダーのラインナップで知られている。昨年、ApolloとOdyssey 7Q/7Q+を含むすべてのビデオレコーダーの製造を中止したため、忘れられていたメーカーだ。

今回Convergent Designは、ライブストリーミング/ポッドキャスト/オンラインミーティング用途のUSBワイヤレスマイクシステムErikaの開発に着手した。

開発の目的

ErikaはUSBワイヤレスマイクシステムなので、現時点ではデジタル一眼レフ/ミラーレスカメラで直接使用することはできない。ノートパソコンやスマートフォンには使用できるが、アナログ出力がないため、ビデオカメラやオーディオレコーダーには使用できない。

Erikaの主な用途は、ライブストリーミング、ポッドキャスト、オンラインミーティングだ。例えば、外出先でZoom/Skype通話をすることが多い人にとっては、素早く簡単に音声をグレードアップできる。

Don’t get fooled by the image: you can’t use the Erika with an iOS device yet. Image credit: Convergent Design

主な仕様

前述したように、この製品は、パソコンやスマートフォンにUSB接続するレシーバーと、1台または複数台のトランスミッターの2つのパーツで構成されている。なお、現時点では、「アップル社の製品には専用のA/Vケーブルが必要だが、入手困難」とのこと。Android端末では、ビデオやオーディオの録画アプリと組み合わせて使用できる。

トランスミッターはとても小さく、USBで充電できるバッテリー、 OMNI指向性マイク、小さなLEDステータスライトなど、ほとんどの機能が内蔵されている。残念ながら、Erikaのトランスミッターには音声入力ポートがないため、良い音を得るためには服に直接取り付けて着用する必要がある。マグネットが付属しているので、シャツやドレス、ジャケットの下に付けることができる。

Image credit: Convergent Design

なお、1台のレシーバーで最大12台のトランスミッターを使用することができる。このシステムは、ハードウェアを追加することなく、ダイナミック・スイッチング・テクノロジーを採用しており、自動的に1つのマイクを有効にし、他のマイクをすべてミュートする。

ダイナミック・スイッチングは、1つのレシーバーに複数のマイクをサポートするだけでなく、「オープン」マイクからのノイズ、コーミング、エコーをブロックし、アナログ・ワイヤレス・マイクと比較してワイヤレス・トラフィックを劇的に削減する。上のサンプルから判断すると、問題なく動作しているように見えるが、オーディオ品質はこれまでに聞いたことのないものだ。

遅延は「約30mS、またはビデオの1フレーム以下(25/30fps時)」とのこと。

Image credit: Convergent Design

将来性

Convergent Designによると、「現行のErikaのマイクと互換性のある、アナログおよびUSBオーディオを備えた新しいワイヤレスレシーバー」が2021年第4四半期に登場する予定。さらに、バランスオーディオアウト(XLR)の給電にも対応するので、スピーカーやオーディオレコーダー・カメラに音声を出力することができる。

価格と発売時期

Erika」は、送信機1台と受信機1台の129ドルからの各種パッケージで販売中。もちろん、必要に応じて後から送信機/受信機を追加購入することも可能だ。

Convergent Designのウェブサイトはこちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する