広告
広告

Cooke(クック)がフルフレームレンズ「Varotal/i Zoom」と「Panchro/i Classic」を発表

Cooke(クック)がフルフレームレンズ「Varotal/i Zoom」と「Panchro/i Classic」を発表

100年以上の歴史を持つクック・オプティクスのレンズは、ZeissやArriに匹敵する水準を確立してきた。今回、Cooke Varotal/i ZoomとPancho/i Classic FFの2つの新しいズームレンズがフルフレームファミリーに加わった。

クックのレンズは、ただ買えばよいというものではない。一式揃えるとなると高額になり、主にレンタルで使用できる。しかし、そのコストは正当化できるものだ。2013年、映画芸術科学アカデミーは、”前世紀の映画のルックを定義するのに貢献した “とクック社を表彰した。

クック・ルックと呼ばれるものは高価だ。しかし、それは非常に人気のあるものでもある。同社はSuper35フォーマット用のレンズを中心に制作してきたが、フルフレームのシネマカメラ用のレンズを制作するようになった。クックは今回、Varotal/iのズームラインに2本のズームレンズを追加し、Pancho/i Classicのラインナップを拡充し、すべて46.31mmのイメージサークルをカバーしている。

新ズーム

今回、クックは30-95mmと85-215mmの2本のズームレンズを発売する。これらは、Cooke S7/iシリーズをベースにしており、解像度、色、フォールオフなどが一致すると謳われている。どちらもPLまたはLPLマウントが用意されている。最近のクックレンズには「/Iテクノロジー」が搭載されており、カメラが制作に必要なデータを電子的に記録することができる。これは、正確なフォーカス設定、Tストップ値、および被写界深度を含む。

これらの情報はすべて、連続的なリモートリードアウトで見ることができ、またタイムコードにフレームごとに同期することもできる。メタデータは、デジタルまたはフィルム記録媒体に記録される。また、シンプルなSDカードを使用することもできる。Cooke Opticsは、Cooke Lookの焦点となっている肌色の暖かさ、質感、美しさを捉えるために、レンズを最適化した。

拡充されたプライム

新しいズームに加えて、クックはPanchro/i Classicラインを拡大し、フルフレーム用のレンズを揃えた。焦点距離は、18mm、21mm、25mm、27mm、32mm、40mm、50mm。これらは46.31mmのイメージサークルをカバーするように再設計されている。一方、「パンクロ・クラシック」の65mmマクロ、75mm、100mm、135mm、152mmは、すでにフルサイズのイメージサークルをカバーできる性能を持っていた。そのため、クックはこれらのシリーズに光学的、機械的な変更を加えていない。

Cooke Panchro/I Classic now in Full Frame.
Cooke Panchro/I Classic now in Full-Frame. Image credit: Cooke Optics.

クックのVarotal/iズームとPanchro/i Classic FFレンジは、どちらも現在予約を受け付けている。

必要性

このクラスのレンズは必要性を追求するものではない。Cooke Varotal/i ZoomとPanchro/i Classicレンズは、大きな変革ではない。トップに立っているときに大きな変革をするのは難しいことだ。クックのレンズはすべてカラーバランス、カラーマッチングされており、ラインナップのどのレンズとも互換性がある。

また、レンズのフォーカスマークは、キャリブレーションを行った後、鏡筒の両面にひとつひとつ刻印されている。このような精密さと「/Iテクノロジー」を備えたクックレンズは、必需品というよりも贅沢品といえるだろう。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する