DaVinci Resolve 17.2がリリース

DaVinci Resolve 17.2がリリース

DaVinci Resolve 17.2がリリースされた。起動が速くなり、デフォルトでライブ保存がオンになる。ブラックマジックデザインは、 DaVinci Resolveの新バージョン17.2をリリースした。バージョン17.2には、多くの新機能と改善点がある。おそらく最も興味深いのは、起動時間が大幅に短縮され、ライブ保存機能がデフォルトでオンになっていることだろう。

ブラックマジックデザインは DaVinci Resolveの新しいバージョンをリリースした。 Resolve 17は、2020年11月からリリースされている。17.1アップデートでは、Apple M1の最適化されたサポートが導入された。バージョン17.2では、Windows 10、macOS(Apple Siliconを含む)、およびLinuxで利用できるようになった

DaVinci Resolve 17.2

17.2ではライブセーブ機能がデフォルトでオンになった。自動保存機能とライブ保存機能は、Resolveユーザーにとって必須であるため、待たれていた機能だ。もう1つの改善点は、Resolveの起動が速くなった。

もちろん、さらに多くの改善点がある。以下は新機能と改善点のリスト。

  • アプリケーションの起動パフォーマンスが劇的に向上
  • ライブ保存がデフォルトでオンになった
  • 個々のタイムラインクリップのカスタムネーミング
  • ダブルクリックまたはビューアへのドラッグによるトランジションの追加
  • WindowsでのAV1クリップのデコード
  • サポートされているIntel、NVIDIA、およびAMDプラットフォームでの高速AV1デコード
  • MKVクリップのデコード
  • IMFクリップでIMSC-1互換のTTMLキャプションをエクスポート
  • メディア管理にプロジェクト名サブフォルダーを含めるオプション
  • [色]ページでのHDRおよびカラーワーパー属性の貼り付け
  • Fusionテンプレートバンドル
  • Fairlightタイムラインでのクロスフェードの適用と管理
  • Fairlightページでのバッチフェードおよびクロスフェードエディター
  • アプリケーションの再起動間でFairlight編集モードを永続化
  • タイムラインのタイムコードの位置に一致するようにオーディオクリップを移動
  • オーディオのみのレンダリングを実行するときのハンドルの設定
  • Fairlightミキサーでのトラック処理順序の制御
  • 編集および配信ページでFairlightパッチおよびリンクにアクセス
  • Fairlightでパッチを適用するための特定のオーディオI / Oポートを表示または非表示
  • FlexBusミキシングに対応するFairlightコンソールファームウェア1.6のサポート。
  • Fairlightタイムラインの波形表示が改善
  • Fairlightタイムラインでクリップをドラッグするときの自動スクロール動作が改善
  • ACESカラーサイエンス1.2のサポート
  • コンテキストメニューからクリップごとのACESDCTLを選択
  • CanonEOS-R5カメラの新しいIDTのサポート
  • RCMワークフローのプロジェクト設定で白色点適応を使用するオプション
  • ResolveFX色空間変換で白色点適応を使用するオプション
  • IMFJPEG2000クリップをレンダリングする際のコーデックパススルー
  • メディア管理でのSonyRawおよびXAVCMXFのトリミング
  • ソニーVENICEクリップのジャイロスコープメタデータの読み取り
  • R3DクリップのRMDメタデータファイルを更新する機能。
  • 空間的および時間的なインターレース解除の品質が向上
  • 編集タイムラインでの位置とズームのカーブ範囲表示が改善
  • Blackmagic RAW Gen5カラーサイエンスのカラーマネジメントが改善
  • Appleシリコンシステムでの8KH.265クリップのデコードパフォーマンスが向上
  • カスタムフレームシーケンスをインポートする機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • タイムラインを削除する機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • 現在のページをクエリする機能を備えたスクリプトAPIが改善
  • ジェネレーターとタイトルを追加する機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • レンダリングアルファオプションを指定する機能を備えたスクリプトAPIが改善
  • レイアウトプリセットを切り替える機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • アプリケーションを終了する機能を備えたスクリプトAPIの改善
  • AAFエクスポートワークフローによるiXMLデータサポートの改善
  • 一般的なパフォーマンスと安定性の向上

価格とリリース時期

DaVinci Resolveの最新バージョンは、同社のサイトから無料でダウンロードできる。 DaVinci Resolve 17.2のStudioライセンスも同じページで入手できますが、起動するにはアクティベーションコードを購入する必要がある。 2台のパソコン用のフルライセンスの価格は35980円(税別)だが、購入すると無料のBlackmagic Speed Editor(レビューはこちら)を入手することもできます。すべての新しいBlackmagic Designカメラにもライセンスが付属している。

DaVinci Resolve 17
image credit: Blackmagic Design

同社はWindowsで DaVinci Resolveまたは DaVinci Resolve Studioを使用している場合、17のパブリックベータ5以降のバージョンをインストールする前に、以前のバージョンをアンインストールすることを強く勧めている。 今後、すべてのFairlight、グレーディング、およびエディターのキーボードファームウェアの更新は、DaVinciコントロールパネルセットアップユーティリティから管理される。

データベースに関しては、 DaVinci Resolve 17.2では、Resolve16.2.7以前のバージョンからデータベースをアップグレードする必要がある。 このリリースにアップグレードする前に、既存のデータベース(DiskDBとPostgreSQLの両方)をバックアップしてから、アップグレードのためにそのデータベースを復元することを強くお勧めする。 17.0からのデータベースの変更はない。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する