ブラックマジックデザインがDaVinci Resolve 17 Public Beta 2 と 17.1 Beta 1をリリース

ブラックマジックデザインがDaVinci Resolve 17 Public Beta 2 と 17.1 Beta 1をリリース

ブラックマジックデザインはDaVinciResolve 17 Public Beta 2をリリースした。バグを修正し、安定性が向上している。 また、M1 MacBookやAppleSiliconを搭載したMacMiniに対応したDaVinciResolve 17.1 Beta1もリリースした。

ほぼ2週間前に、同社はNLE(ノンリニアエディター)システムDaVinciResolveの新しいバージョン17をリリースした。 今やDaVinciResolveはカラーグレーディングツールではなく、ポストプロダクション全般を担うことができるツールになっている。

新しいResolve17には、HDRグレーディングツール、再設計された原色コントロール、改善されたFairlightオーディオエンジン、および再設計されたインスペクター、新しいビンソート、メタデータクリップビューなど多くのツールが含まれ、300を超える新機能が搭載されている。 DaVinci Resolve 17の新機能の概要については、DaVinci Resolve17の記事を参照いただきたい。以下は、Resolve17.0 Public Beta2と17.1Beta1の新機能を解説する。

DaVinci Resolve 17.0 Public Beta 2

11月10日にリリースされたDaVinciResolve 17のバージョンはパブリックベータ1だった。新しくリリースされたパブリックベータ2は基本的にバグの修正と機能の改善をしている。

DaVinci Resolve 17 Cut Page. Source: Blackmagic Design

以下は、Beta2の改善点のリスト。

  • Windowsシステムのネットワークドライブからのインストールに関する問題に対処。
  • 英語以外のロケールシステムでプロジェクトをロードする際のブラックグレードに関する問題に対処。
  • ハイライトモードでのカラーワーパーのカラーピッカーの動作に関する問題に対処。
  • 基本的なインターレース検出の透かしを表示するインターレースクリップの問題に対処
  • ProToolsへのAAFエクスポートに関する問題に対処。
  • Motion Trails ResolveFXの問題に対処。
  • カットページでの移動アクションの問題に対処。
  • FlexBusチャネルマッピングの問題に対処。
  • カスタムフレームレートタイムラインのタイムコード入力に関する問題に対処。
  • Fusionでオプティカルフローを使用する場合の後方追跡の問題に対処。
  • デュアルスクリーンレイアウトのFusionページにノードを貼り付ける際の問題に対処。
  • Fusionコーナーピンを使用するとクラッシュすることがある問題に対処。
  • サイズがゼロのシェイプをレンダリングすると、Fusionページでクラッシュが発生する問題に対処。
  • 複数のFusion出力を備えたクリップに一時的なノイズリダクションを適用する際の問題に対処。
  • 50以上の一般的なパフォーマンスと安定性の向上。

これはまだベータ版であるため、同社のウェブサイトのパブリックベータフィードバックフォーラムでフィードバックやバグレポートを推奨している。

Resolve 17.0では、DaVinci Resolve16.2.7以前のバージョンからデータベースをアップグレードする必要があることに注意いただきたい。 ブラックマジックデザインは、17.0にアップグレードする前に、既存のデータベース(DiskDBとPostgreSQLの両方)をバックアップすることを強く推奨している。

DaVinci Resolve 17.1 Beta 1

アップルは先日、IntelCPUから自社製チップへの移行を発表した。まずARMベースのM1プロセッサを搭載した新しいMacBookとMacMiniを発表している。 Resolve 17.1 Beta 1は、新しいアップル Silicon Macに対応する。

Apple’s ARM-based M1 Chip. Source: Apple

Resolve 17.1 Betaは、M1搭載Macのユニバーサルアプリサポートを提供し、小型のラップトップでも優れたパフォーマンスを提供する。 ブラックマジックデザインによると、M1のユニファイドメモリアーキテクチャにより、 DaVinci Resolve 17.1はCPUとGPUの処理能力をより効果的に活用できる。 M1、Metalプロセス、およびResolve 17.1の組み合わせは、従来のパソコンと比較して最大5倍のパフォーマンスを提供する。 Resolve17.1はmacOS Big Surとも互換性があり、最初はMacでのみ使用できる。

価格と発売時期

いつものように、新しいアップデートは無料で利用できる。 DaVinci Resolveの新しいバージョンは、同社のウェブサイトからダウンロードできる。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する