広告

DJIがMavic 3 ファームウェアアップデート - IMUキャリブレーションの問題を修正

DJIがMavic 3 ファームウェアアップデート - IMUキャリブレーションの問題を修正

最新の DJI Mavic 3ファームウェア(v01.00.0800)は、v01.00.0700にアップデートし、IMUキャリブレーションの問題を修正する。

5月31日にリリースされた DJI Mavic 3 v01.00.0700ファームウェアは、多くのエキサイティングな新機能を追加した。UHDと1080pの両方で新しいフレームレートでの撮影が可能になったほか、ProRes 422と422 LTの新しい記録モードが追加されている。さらに、RAW静止画撮影機能など、望遠カメラに多くのアップデートがもたらされた。ファームウェアv01.00.0700については、こちらの記事を参照いただきたい。

しかし、アップデート直後から、IMUをキャリブレーションしようとするとエラーメッセージが表示されるようになった。IMUセンサーは、Mavic 3を上空で安定させるためのもの。毎回のフライト前にキャリブレーションする必要はないが、ファームウェアをアップデートした後にセンサーのキャリブレーションを行うのがベスト。

Still taken from DJI’s video

DJI Mavic 3ファームウェアアップデートv01.00.0800

今回のパッチアップデートでは、以前のv01.00.0700に存在するIMUキャリブレーションの問題の修正のみが行われている。 しかし、DJI RC Proリモートコントローラのファームウェアもリリースされている。

すべてのコンポーネントを最新の状態にしておくことをお勧めする。機体、コントローラー、DJI Flyアプリの現在のファームウェアのバージョンは以下の通り。

  • Date: 2022.06.16
  • Aircraft Firmware: v01.00.0800
  • RC-N1 Remote Controller Firmware: v04.13.0600
  • DJI RC Pro Remote Controller Firmware: v03.01.0800
  • DJI Fly App iOS: v1.6.4
  • DJI Fly App Android: v1.6.4

ファームウェアのアップデート – リリースノート

  • アップデートに失敗した場合は、機体、リモートコントローラー、DJI FlyまたはDJI Assistant 2 (Consumer Drones Series)を再起動し、再試行してください。

DJIが製品のアップグレードとサポートを続けていることは、素晴らしいことだ。ファームウェアアップデートv01.00.0800のリリースにより、前回のリリースのアップデートを真に使い始めることができる。

Mavic 3のアップデート方法については、DJIのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手