DJIがMaster WheelsとForce Proを発表 – リモートジンバルコントロール

DJIがMaster WheelsとForce Proを発表 - リモートジンバルコントロール

DJIは、NAB 2018でリモートジンバルコントロール用の2つの新製品を発表した。DJI Master Wheelsは、プロ用の非常に正確なジンバル制御ソリューションを提供する。 またDJI Force Proは直感的な同期モーションジンバルコントローラで、経験が少ないユーザーでも操作し易い。

DJIはドローンのリーディングカンパニーだが、Roninのようなカメラスタビライザーでも有名だ。 NAB 2018で同社は遠隔ジンバルコントロールの分野でソリューションを発表し、DJI Master WheelsとDJI Force Pro の2つの新製品をリリースした。 これらは、Ronin 2やRonin-Sジンバルスタビライザー、あるいはいくつかのサードパーティスタビライザーに対応している。

DJI Master Wheels

DJI Master Wheelsは、3つのウェイトホイールを使用してパン、チルト、ロールを非常に高精度にコントロールすることができる。高解像度光学式エンコーダはホイールの動きを検出し、その情報はジンバルに正確に送信される。Master Wheelsは、デュアルバンド低レイテンシーの2.4 / 5.8GHzワイヤレス伝送技術と、センサー位置決め技術を採用し、最大約3kmの接続距離でわずか10ミリ秒の低遅延でリグとの安定した接続を約束している。

DJI Master Wheels gimbal controler

DJI Master Wheelsは直感的なユーザーインターフェースで、ジンバルにすばやくアクセスし、設定できる。カスタマイズ可能な3つのボタンで操作のショートカットができ、オンボードのモーションキャプチャストレージは何度でも同じ動きを繰り返すことができる。ジンバルがまったく同じ動作を繰り返すので、ユーザーはシーンの他の側面に注意を払うことができる。内蔵の3ストップスイッチにより、速度/滑らかさ/ダンピングをダイヤルで操作しながら各軸の調整を行える。さらに、Master Wheelsはオペレーターの希望に合わせ、重要なカメラ設定をメインコンソールから変更できる。

DJIマスターホイールのもう一つの特筆できる特徴は、モジュラーデザインであること。 3つのステンレススチールホイールとコントロールモジュールは、メインコンソールから取り外すことができ、スペースに制約のある撮影状況ではワイヤで接続することもできる。また、必要に応じてより強力な信号で接続するため、無線送信機を取り外して5メートルのケーブルで遠隔操作することも可能だ。

DJI Master Wheels has detachable parts

メインコンソールには複数の1/4 “ネジと3/8″ネジがあり、外部モニターなどのアクセサリーを取り付けることができる。また、操作し易いように、制御モジュールの角度を、ユーザーの好みに基づいて手動で調節することもできる。マスターホイールは、メインコンソールのベースに専用のミッチェルマウントを使用して、車内や三脚などさまざまなプラットフォームに取り付けることができるようになっている。

DJIマスターホイールは、Ronin 2やRonin-SといったDJI製品や、その他サードパーティー製のジンバルにも対応している。電源はDJI TB50インテリジェントバッテリー(Ronin 2とInspire 2で使用されているバッテリーで、最大18時間システムに電源供給できる)か、DC-INポートから、サードパーティー製のV-Lockバッテリーを使用して電力を供給できる。

DJI Force Pro

DJI Force Proは使いやすく設計されており、内蔵のコンパスおよび慣性測定ユニット(IMU)によるジンバルの動きを、オペレーターの動きと正確に同期させる。低レイテンシーのデュアルバンド2.4 / 5.8GHzワイヤレス伝送システムにより、10ミリ秒という短い通信遅延で迅速な反応時間を実現している。 Force Proは、撮影現場での接続干渉の恐れを取り除くため、CANBUSケーブルで物理的に接続し200Hz信号でやり取りすることも可能。

Force Proは、ジンバル制御システムを最小限にするだけでなく、直感的に操作できるツールだ。ジンバル制御システムを使い慣れていない映像制作者も、すぐにForce Proの操作を習得できる。オプションの軽量ハンドルバーを使用すると、モニター、ビデオ伝送システム、サムコントローラーなどのさまざまなアクセサリーを取り付けることができる。またオペレーターは、ニーズにあわせて2種類のカスタム速度プロファイルを設定できる。更に超高輝度OLED(有機EL)スクリーンで機器のステータスを確認し、ジンバルとカメラ設定を変更できる。

DJI Force Pro

DJI Force ProコントローラーはDJI Ronin 2およびRonin-Sジンバル、あるいは他のサードパーティーシステムと互換性がある。またフルチャージのバッテリーで最大5時間の連続使用ができる。充電は、USB-C、CANBUSポート、または内蔵DC-INポートを介してサードパーティーのV-Lockバッテリーとから給電できる。

価格と発売時期

Master Wheelsの先行予約は、2018年4月10日から可能。3軸モデルは1,036,000円(税込)、2軸モデルは776,000円(同)、 単一ホイールコントロールモジュールは326,000円(同)。Master Wheelsは2018年6月出荷予定。

DJI Force Proの先行予約は2018年4月10日から開始される。販売価格は156,000円(同)で、2018年6月出荷開始予定。

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する