無人航空機のリモートIDに関するFAA最終規則

無人航空機のリモートIDに関するFAA最終規則

米国連邦航空局(FAA)は、2020年12月28日に、無人航空機の遠隔識別に関する最終規則を発表した。発行は2021年1月に予定されている。その後60日で発効される。米国でドローンを飛ばす場合、この決定を尊守する必要がある。

米国でドローンの販売と運用が大幅に増加していることを受け、FAAはこれらの変更を行い、セキュリティの強化や、無人航空機(UA)の安全を確保している。

Mavic 2 Enterprise Advanced (Source: DJI)
Mavic 2 Enterprise Advanced (Source: DJI)

提案と最終規則の重要な違い

最も重要な変更点は、FAAが(ローカル)ブロードキャスト以外、特にインターネット/ネットワークベースの送信要件を最終規則から削除することを決定したことだ。これは当初の意図からの大幅な削減だ。ブロードキャストのみの要件(特にFAAが言及していたWi-FiまたはBluetooth経由など)には、最小限のローカル範囲しかなく、この範囲は、提案されていたインターネットブロードキャストオプションと比較して大幅に制限されている。

FAAは、FAA認定識別エリア(FRIA)の登録を提供している。これにより、リモートIDを持たないUAは、一定の制限下でその特定の地理的領域を飛行できる。 FAAは、規則発効後18か月から登録を受け付ける。提案された規則からのもう1つの重要な変更は、教育機関もコミュニティベースの組織を除いてFRIAアプリケーションの対象となることだ。

もちろん、米国でドローンの飛行をビジネスにしている場合は、それぞれのFAAの出版物で確認する必要がある。

DJI Mavic 2 Enterprise Advanced - Dual Imaging (Source: DJI)
DJI Mavic 2 Enterprise Advanced – Dual Imaging (Source: DJI)

FAA最終規則–運用規則

FAAの最終規則が発効すると、登録が必要なすべての無人航空機には、リモートで身元を明かす必要があるが、これには3つのオプションがある。249 g(DJI Mini 2など)を下回るドローンは「ドローンの操作が、登録が必要な方法(FAA、パート107など)が発生した場合」にのみリモートIDを必要とする。すべての運用規定は、FAA最終規則の導入から30か月後に発効する。

3つのオプションは、1)標準のリモートID無人航空機、2)リモートIDブロードキャストモジュール付きのUA、および3)FAA認識識別エリア(FRIA)となっている。

オプション1-標準リモートID無人航空機

無人航空機は、シリアル番号またはセッションID、およびいわゆる「コントロールステーション」の緯度/経度および高度などの複数の情報を含む標準リモートIDメッセージを継続的にブロードキャストする必要がある。これはユーザーにとって非常に重要だ。 後者は、ほとんどの場合、リモートコントロールオペレーターの正確な位置になる。これらのリモートIDメッセージには、UAの速度、高度、緯度/経度、緊急ステータス、およびタイムマークに関する詳細も含まれる。 UAは、最大のブロードキャスト範囲を持っている必要がある(BluetoothやWi-Fiなどの無線周波数スペクトルを介す)。ブロードキャストメッセージは、範囲内のほとんどの標準デバイスで受信可能である必要がある。

オプション2–リモートIDブロードキャストモジュールを備えた無人航空機

UA用のリモートIDブロードキャストモジュールを使用することにより、既存のUAを新しい規則に準拠させることができる。

オプション3– FAA認定識別エリア(FRIA)

FAA認定識別エリア(FRIA)の申請は、規則の発効日から18か月後に開始される。 FRIAの承認は過去48か月。 FAAは、いつでも承認を終了するか、承認期間後に更新を許可することができる。 FRIAの申請は、限定された申請者グループのみが対象となる。これらには、コミュニティベースの機関や大学、カレッジ、専門学校、小中学校が対象となる。

これらの変更はドローンメーカーに影響を与えるだろう。これらの規制の1つは、完全に機能するリモートIDのセルフテストだ。ドローンがリモートIDの機能を保有できない場合は、離陸できないようにする必要がある。リモートIDを手動で非アクティブ化することはできず、無線周波数スペクトルを介してブロードキャストする。もちろん、UAを製造するメーカーは、規則に該当する、さらに多くの新しい要件を満たす必要がある。

FAA - No Drone Zone - Indicates Areas No Fly Zones for Drones (Source: Energy.gov)
FAA – No Drone Zone – Indicates Areas No Fly Zones for Drones (Source: Energy.gov)

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する