広告

FEELWORLDがHDMIワイヤレス映像伝送システム「FEELWORLD W1000H」を発売

FEELWORLDがHDMIワイヤレス映像伝送システム「FEELWORLD W1000H」を発売

FEELWORLDは、HDMIワイヤレスビデオ伝送システム「W1000H」を発売した。最大動作距離は1000フィート以上、レイテンシは80ms、全二重インカムシステムを内蔵し、UVCライブストリーミングに対応する。価格は470ドル。

中国のFEELWORLD社は、手頃な価格のオンカメラモニターの生産でよく知られているが、特に最近発売されたFLビデオライトシリーズで他の市場セグメントを開拓し始めている。

同ブランドはすでにSDI/HDMIワイヤレスビデオ伝送システム「W1000S」を提供しており、FEELWORLDの兄弟ブランドであるLAIZESKEのラベルが貼られていることもある。このモデルにHDMI専用のモデル、W1000Hが発売されることになった。

Image credit: FEELWORLD

FEELWORLD W1000H: 機能

今回発売されたFEELWORLD W1000Hは、動作範囲約400m/1312ft、レイテンシー80msを謳うHDMIワイヤレス映像伝送システム。送信機(TX)はHDMI入出力、受信機(RX)はHDMI出力を2系統備えている。両機とも最大60fpsの1080p信号に対応する。

各送信機は最大4台の受信機を同時にサポートする。また、TXを受信ユニットにすることも可能で、システム全体の拡張性を高めている。FEELWORLD W1000Hは、遅延と画質のどちらかを優先しながら、13のチャンネルの中から最適なチャンネルを自動的にピックアップすることができる。

Image credit: FEELWORLD

また、FEELWORLD W1000Hは、3.5mmジャックを装備しているため、クルー間のコミュニケーション用の全二重インカムシステムとしても機能する。さらに、USB-C端子を利用したUVC(USB Video Class)ライブストリーミングにも対応している。この機能にはオプションのUSB-C to Ethernetアダプターが必要となるが、効果的にカメラを空間内で自由に移動できるワイヤレスWebカメラにすることができる。

また、FEELWORLD W1000Hは専用のモバイルアプリ(iOS/Android)に対応しており、最大4台のスマートデバイスでリアルタイムにモニタリングすることが可能。このアプリでは、一般的なモニタリングツールへのアクセスも許可している。

デザインと電源

デザインは送信機、受信機ともにかなりコンパクトで軽量な印象だ。各デバイスのサイズは67×24×118mmで、重量は128g。各ユニットの底面には、1/4″-20の取り付けネジがある。

Image credit: FEELWORLD

前面にはシステムの状態を知らせる有機ELディスプレイ、背面にはソニー製のNP-Fスタイルのバッテリープレートが内蔵されている。さらに、USB-C(5V/1.5A)またはDC-IN(6-16V)ポートから電源を供給することも可能。最後に、TXとRXには冷却ファンが内蔵されているが、その音量の大きさについては言及されていない。

Image credit: FEELWORLD

価格と発売時期

新しいFEELWORLD W1000H HDMIワイヤレスビデオ伝送システムは、現在予約受付中。その小売価格は469.99ドルに設定されている。

詳しくは、FEELWORLDのウェブサイトをご覧ください。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手