FilmConvertがProfile for ソニーα7R IV とα7S III S-Cinetoneプロファイルをリリース

FilmConvertがProfile for ソニーα7R IV とα7S III S-Cinetoneプロファイルをリリース

FilmConvertは、ソニーα7R IV用の新しいカメラプロファイルをリリースした。また、α7SIIIのS-Cinetoneカラープロファイルも追加した。

同社はiPhone 12 Proの新しいカラープロファイルをリリースし、CineDではiPhoneとARRI AlexaMiniを比較テストした

FilmConvertのツールでは、CineMatchを使用するとカメラ間で簡単にカラーマッチングしたり、FilmConvertの「オリジナル」およびNitrateと呼ばれる最新バージョンを使用してさまざまなフィルムストックのルック(色や粒子など)を複製したりできる。

すべてのプラグインは、個別にプロファイルされたカメラセンサーのデータに基づいている。 パナソニックS5シグマ fpキヤノン EOSR5などの多くのカスタムプロファイルがすでに利用できる。

α7R IV用のプロファイル

FilmConvertはα7RIVの新しいカスタムプロファイルをリリースした。カメラのハンズオン記事はこちら

この新しいプロファイルは、複数のソニーのミラーレスカメラやシネマカメラを使用しているユーザーにとって非常に有益なものだ。CineMatchを使用すると、即座にすべてのカメラのカラーマッチができる。

α7S III S-Cinetone FilmConvert Profileアップデート

2020年11月にα7S IIIプロファイルのアップデートが行われている。このプロファイルアップデートには、2月に行われたファームウェアアップデートv2.00でα7SIIIに追加されたS-Cinetone画像プロファイルの追加が含まれている。

上のビデオでは、優れたハイライトロールと非常に自然な色を備えたS-Cinetone画像プロファイルの利点を確認することができる。 FilmConvertのプラグインのラインナップにS-Cinetone画像プロファイルを追加すると、他のカメラと一致させたり、フィルムのルックを簡単に再現したりできるようになる。

価格と発売時期

FilmConvertカメラパックは常に無料。α7R IVやα7SIII用も無料で入手できる。これらのFilmConvertカメラパックを、他のさまざまなカメラ用も含め、FilmConvertのWebサイトから直接ダウンロードできる。

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する