広告

Frame.ioがCamera to Cloudをアップデート

Frame.ioがCamera to Cloudをアップデート

Frame.io Camera to Cloudプラットフォームは、Aaton Cantar X3サウンドレコーダーの新しいサポートと、Pomfort Livegrade with ShothubZoeLogMagic ViewFinderなどの映画制作アプリと統合した。このメジャーアップデートにより、Frame.io Camera to Cloudは、プリプロダクション、プロダクション、ポストへと拡大する。

アドビが買収したばかりのFrame.ioは、160万人以上のユーザーが利用する世界有数のビデオコラボレーションプラットフォームだ。3月のサービス開始以来、1,300以上のプロダクションがこのサービスを利用しており、150,000以上のアセットがFrame.ioに保存されている。

Frame.io Camera to Cloud

Camera To Cloudは、プロダクションのワークフローを新時代に導くことを目的とした、大胆なプロジェクトだ。制作ツールを相互に接続することで、撮影と編集の間のギャップをなくし、これまでにないコラボレーションの進化を提供する。

Image credit: Frame.io

現在、Frame.ioは、カメラの記録が止まった瞬間に、プロキシファイルを生成してFrame.ioのサーバーに掲載することでこれを実現している。しかし、C2Cのビジョンには、カメラ内のメディアをなくすことも含まれている。最終的には、フル解像度の映像を直接クラウドに投稿するデバイスを目指している。

Frame.io C2Cは、RED、ARRI、Panavision、Sonyなどのカメラや、Sound Devicesや(現在は)Aatonなどのサウンドミキサーに対応している。今回のアップデートでは、Android端末を含む、ウェブに接続されたあらゆるデバイスからC2Cを認証する新しい方法が追加された。これにより、C2Cは新たなモバイルアプリケーションの世界へと広がっていくだろう。

Image credit: Frame.io

従来のシーケンシャルなワークフローの障壁を取り除くことで、チームの並列作業を可能にし、より良いコラボレーション、創造性のためのより多くの時間、そしてより高い品質のアウトプットを実現します。

Michael Cioni, Senior Director, Global Innovation at Adobe

価格と発売時期

C2Cの機能は、Frame.ioの有料アカウントを持つユーザーであれば、追加費用なしで利用できる。新しいAaton、ZoeLog、Magic ViewFinderとの統合は、現在利用可能だ。Pomfort LivegradeおよびShotHubとの統合は、2022年初頭に利用可能になる予定。

詳細については、Frame.ioのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する