富士フイルムがX-A7とX-T200のファームウェアをアップデート

富士フイルムがX-A7とX-T200のファームウェアをアップデート

富士フイルムは、 X-T200X-A7ミラーレスカメラの新しいファームウェアトをリリースした。このアップデートは、USB-Cコネクタを介してWebカメラ機能を可能にする。ファームウェアは無料でダウンロードできる。またXシリーズカメラのWebカメラ機能に関し、MacOSバージョンが20207月中旬にリリース予定であることも発表された。

FUJIFILM X Webcam now for X-A7 and X-T200 as well. Source: FUJIFILM

多くのカメラメーカーが自社のカメラだけでWebカメラとして使用できるようにファームウェアをアップデートしている。

約1か月前、富士フイルムはGFXとXシリーズミラーレスカメラをWebカメラとして使用できるようにした。これらはUSB経由でコンピューターに接続するだけでWebカメラとして機能する。ただし、従来は上位機種(X-Pro2とX-Pro3、X-T2、 X-T3とX-T4)のみだった。今回この機能を X-T200とX-A7のエントリーレベルのカメラにも対応した

X-T200 X-A7ファームウェアアップデート

この2台のカメラは比較的手頃な価格で仕様も似ている。どちらもフリップアウトディスプレイや24.2MP APS-Cセンサーを備えており、最大30pの4Kビデオ記録(15分の時間制限あり)または最大60pの1080pビデオ記録に対応している。主な違いは、X-A7にはビューファインダーが搭載されていないことだ。 X-T200の詳細はこちら

FUJIFILM X-A7. Source: FUJIFILM

新しいファームウェア(X-A7のバージョン1.30および X-T200のバージョン1.10)は、カメラをコンピューターに接続することにより、Webカメラとして使用できる。 USB-Cケーブル1本で、別のアプリやソフトウェアは不要だ。

FUJIFILM X-T200. Source: FUJIFILM

新しいファームウェアは下のリンクから無料でダウンロードできる。

macOS対応

またX Webcamソフトウェアが、macOSにも対応すると発表した。 同社によると、macOS対応バージョンは2020年7月中旬にリリースされる予定。システム要件は、Windows 10(x64)、macOS 10.14(Mojave)、またはmacOS 10.15(Catalina)となっている。

 

 

関連商品

フジヤエービックのショップサイト

FUJIFILM GFX100 ボディ

 

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T4ボディ シルバー X-T4-S

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T4ボディ ブラック X-T4-B

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-T200ダブルズームレンズキット シャンパンゴールド X-T200WZLK-G

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する