広告

GitzoがLégende三脚とバックパックをIndiegogo に登録 - 永久保証

GitzoがLégende三脚とバックパックをIndiegogo に登録 - 永久保証

GitzoはLégendeは新しいトラベル三脚とバックパックを発表した。これはリサイクル素材を使用し、修理可能なデザインで、無制限の保証が付いている。三脚はカーボンファイバー製で、重量は8kg、高さは165cmで、ボールヘッドにはアルカスイスプレートが付属する。バックパックは14リットルの容量で、コンパートメントに分かれており整理しやすい。どちらもIndiegogoで購入できる

ジッツオは1917年にフランスで設立され、長い歴史を持つ。 同社は1992年以来Vitec Groupの一員としてプレミアム三脚とアクセサリーの生産を行っている。

Gitzo Légendeの概要

Gitzo Légende
Légende Backpack and Tripod. Source: Gitzo

ジッツオは有名な会社だが、今回はクラウドファンディングで新製品を発売した。その理由は、Légendeプロジェクトの環境対応の価値について新しい販売チャネルを試すためと述べている。

どちらのLégende製品も、いつまでも使い続けることができるということに重点を置いて作られている。ジッツオが述べているように、これらの製品は非常に長持ちし、完全に修理可能としている。またこれらの製品は、持続可能な材料を使用し、可能な限り環境に配慮して設計されている。バックパックのメインの外装生地はリサイクルポリエステルで構成されており、バッグの65%はリサイクル生地で構成されている。さらに、ジッツオは、エコレザーの三脚ストラップとバックパックのディテールは、環境にやさしい合成皮革で作られている。

Légende Tripod. Source: Gitzo

さらに、「使い捨て文化」を見直し、ジッツオはレジェンド製品に無制限の保証を付けた。レジェンド三脚は、交換可能な170個の個別部品で作られており、損傷した場合に交換せずに修理できる。すべての部品は交換可能で、それらの70%はユーザーが交換できる。

Légende Backpack. Source: Gitzo

更に、Gitzoは、キャンペーンの売り上げの5%を、クルーガー国立公園(南アフリカ)に隣接する子供たちに保護と写真撮影について教育することを目的としたWild Shots Outreach教育プログラムを支援している。

Légende三脚

Gitzo Légende
Légende Tripod. Source: Gitzo

トラベル三脚はカーボンファイバー製で、軽量設計になっている。またローレットとラバーインサートを備え、人間工学に基づいたアルミニウムレッグロックが搭載されている。最大積載重量は8kgで、4セクション構造により最大165cmの高さとなる。付属のボールヘッドの上にユニバーサルアルカスイスプレートが搭載されている。

  • 重量1.45kg(3.2lbs)
  • 耐荷重:8kg
  • 脚の角度:25°、70°
  • 最小の高さ:43cm
  • 最大高さ:165cm
  • パノラマ回転:360°
  • 前面および側面の傾き:-90°/ + 40°
Gitzo Légende
Légende Tripod. Source: Gitzo

バックパックの側面にはレジェンド三脚がぴったりフィットする三脚拡張ポケットが付いている。クイックフックファスナーで固定できる。またサイドにはカメラコンパートメントがあり、カメラを簡単に取り出すことができる。

また、内部のクレジットカードがスキミングされるのを防ぐRFIDシールドポケットを備えている。Fidlocksファスナーは、容易に内部のものにアクセスできる。ラップトップコンパートメントは1つのジッパーで簡単にアクセスでき、最大15インチのMacbookを収納できる。さらにロールトップのサイドポケットは、メモリカード、クリーニングクロスなどの収納に便利だ。

Gitzo Légende
Légende Backpack. Source: Gitzo
  • 重量:1.69kg
  • 内容量:14l
  • カメラコンパートメント:23 x 28 x 10.5cm
  • トップコンパートメント:20 x 26 x 10cm

価格と発売時期

前述したように、Gitzo Légendeの三脚とバックパックはIndiegogoで購入できる。価格は現在、三脚のみで519ドル(35%オフ、小売価格799ドル)、バックパックのみが179ドル(21%オフ、小売価格229ドル)、レジェンドキットが679ドル(33%オフ、小売価格$ 1,028)。製品の出荷は2021年6月に予定されている。

なお、クラウドファンディング関連のすべての記事に記載しているが、クラウドファンディングプラットフォームでプロジェクトを支援するときのリスクに注意いただきたい。 Indiegogoの利用規約、特に「キャンペーンの支援」に関するセクションを読むことをお勧めする。製品は大幅な遅延が発生したり、中止される場合もある。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する