広告

GodoxがSL300II バイカラーCOB LEDライトを発売

GodoxがSL300II バイカラーCOB LEDライトを発売

Godoxは、手頃な300W COB LEDライトの新しいバイカラーバージョン:SL300II Biをリリースした。このバージョンは2800Kから6500Kまで対応し、前バージョンの特徴である内蔵ボーエンズマウント、高いCRI/TLCI値、静音動作モードなどをそのまま備えている。

中国のメーカーGodoxは、優れたコストパフォーマンスの製品を開発している。ハイエンドな競合他社の製品に比べれば見劣りする場合もあるが、Godoxの製品は、お金をかけずに効果的に仕事をこなすことができる。

今年初め、同社はGodox SL300IIとLitemons LA LEDライトを発表した。その数ヶ月後に、Godox SL300II Biというバイカラーバージョンが発表された。

同様の機能

Godox SL300II Biは、昼光色専用のSL300IIと多くの共通点を持っている。両ライトの共通点は以下の通り。

  • 最大消費電力は320W
  • 0〜100%の範囲で調光可能
  • CRI値96、TLCI値97の高演色性
  • ライティングモディファイアを取り付けるための標準的なBowens-Mount。
  • オプションのRC-A6リモコンでコントロール可能
  • どちらのライトもファンを内蔵しているが、必要に応じてオフにすることができ、光量は20%に減少する

どちらのライトもDMXやスマートフォンアプリで制御することはできないし、バッテリー駆動もできない。しかし、必要のない機能にお金を払うことなく、シンプルで使いやすいLEDライトを求めるなら、Godox SL300IIとSL300II Biは素晴らしい製品だ。

Image credit: Godox

Godox SL300IIとSL300II Biの比較

しかし、SL300II BiはSL300IIと比較していくつかの違いもある。まず、40.7 x 31.6 x 19.9cm、重量3.78Kgと若干大きく、重くなっている。

Image credit: Godox

次に、Godox SL300II Biは、2.800Kから6.500Kまで対応するバイカラーCOB LEDチップを搭載している。バイカラーLEDライトはデイライトのみのバージョンに比べ光量が少なく、SL300II Biも同様だ。

3200Kでは、付属のリフレクターを使用した場合、1mで44900ルクスになる。5600Kでは、付属のリフレクター使用時で49900ルクス(1m/3ft)となり、若干良くなっている。しかし、これらの測定値は、99300ルクスという卓越した光量を達成したSL300IIよりも半分近く低い値となっている。

最後に、Godox SL300II Biには、フラッシュ、電球切れ、テレビ、嵐のエフェクトに加え、キャンドル、火、花火のライティングエフェクトが追加されている。

Image credit: Godox

価格と発売時期

Godox SL300II Biは、589ドルで現在入手可能。直接の比較として、最近発表されたNANLITE FS-300Bは399ドルで販売されている。

詳細については、Godoxのウェブサイトをご覧いただきたい。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手