広告

Great Joyが85mm T2.9 1.8xアナモフィック・フルフレーム・シネレンズを発表

Great Joyが85mm T2.9 1.8xアナモフィック・フルフレーム・シネレンズを発表

Great Joyは85mm T2.9 1.8xアナモルフィックレンズを発表した。これは、Great Joyの1.8xアナモフィックトリオのフルフレームシネレンズを補完するものとなる。このレンズは、2022年12月にIndiegogoを通じて、早期割引価格1,445ドルで発売され、2023年1月に配送される予定。

2022年に、中国のレンズメーカーGreat Joyは2本の1.8倍アナモフィックフルフレームレンズを発表した-まず50mm T2.9(4月に発表)、次に8月に発表した広角の35mm T2.9だ。今回は、このGreat Joy 85mm T2.9 1.8xアナモフィックレンズを発表した。

Great Joy 85mm T2.9 1.8xアナモフィックレンズ:特徴

このレンズは0.7m(最短撮影距離)から無限遠まで1.8倍という一定のスクイーズ比を持つ。アナモフィックシネレンズとして、フルメタル製のボディにギア式のフォーカスリングとアイリスリングを装備し、距離マークが見えるようになっている。16枚羽根の絞りはT2.9からT22まで可変でき、フォーカスリングの回転角度は238°。アイリスリングは84.3°回転する。

Great Joy T2.9 1.8x anamorphic lens trio. Source: Great Joy

焦点距離と画角は、垂直方向に84.2mm(16.2°)、水平方向に45.5mm(44.8°)となっている。アナモフィックレンズは、同じ焦点距離の球面レンズよりも常に(水平方向に)広くなっている。光学系は、15群18枚構成。このレンズは、ブルー、アンバー、ノーフレアの3種類のフレアが用意されている。

グレートジョイによると、このレンズは36×24mmまでのフルサイズセンサーと、40.96×21.6mmまでのビスタビジョンセンサーまでカバーすると述べている。

Great Joy 85mm T2.9 1.8x anamorphic lens – bokeh sample. Source: Great Joy

これまでの同シリーズのレンズと同様に、キヤノンEF、PL、ソニーE、キヤノンRF、ライカL、マイクロフォーサーズの6種類のマウントが用意される。EFマウントとPLマウントのバージョンは、ユーザーが交換可能で両方のレンズマウントが付属している。なお、EF/PLバージョンは後玉が突出しているため、光学素子付きアダプター、ドロップインフィルター、NDフィルター内蔵の一部カメラ機種には対応していない。

PL版のGreat Joy 85mm T2.9 1.8xアナモフィックレンズの重量は1.18kgで、長さは132mm、フロント外径は85mmとなっている。前面フィルタースレッドは82mm。

価格と発売時期

Great Joy 85mmアナモフィックレンズは、Indiegogoのクラウドファンディングで2022年12月に発売される予定。同社は、2023年1月にレンズの量産を開始する。第2ロットの出荷は、そのすぐ後の2023年2月に行われる予定だ。

ここで申し込むと、発売日スペシャルとして15%オフの1,445ドルで購入できる。正規の小売価格は1,700ドルを予定している。

Great Joy T2.9 1.8x anamorphic lens trio case. Source: Great Joy

レンズ3点セットが完成した今、Great Joyは3本のレンズ(35mm、50mm、85mm)を収納できるカスタムメイドのハードケースも139ドルで提供する予定だ。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手