Insta360 ONE X2を発表

Insta360は、新しい Insta360 ONE X2を発売した。これは、FlowState手振れ補正、5.7K 360ビデオ撮影、IPX8防水、360タッチディスプレイ、および編集機能を持つポケットサイズのカメラだ。カメラは現在55,000円から入手できる。

Insta360 One XからOne X2へ

2年前の2018年10月、Insta360はONEXを発表した。このVR360カメラは、5.7K 30fps 360ビデオを撮影でき、手振れ補正機能や「Shoot first, point later」ワークフローなど、いくつかの興味深い機能を提供した。

今回Insta360は、5.7K360カメラInsta360 ONEX2を発売した。

主な機能

Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

Insta360 ONE Xには、次の4つの撮影方法がある。

  • 360モードは、従来の360カメラと同じように、周囲のすべてのものを撮影する。解像度とフレームレートは、5.7K(30fps、25fps、24fps)、4K(50fps、30fps)、および3K(100fps)。もちろん、後で目的の画角を選択して映像をエクスポートすることもできる。
  • ステディカムは、カメラのレンズの1つだけをアクティブにし、超広角レンズを持つ従来のカメラのように機能する。これはInsta360のFlowState手振れ補正機能を使用している。選択できる解像度は、2560×1440(50fps、30fps)、1920×1440(50fps、30fps)、または1920×1080(50fps、30fps)。
  • InstaPanoは、パノラマを撮影するための新しい写真モード。 スマートフォンのようにカメラを動かす必要はない。
  • MultiViewは、ブロガー用の新しいモードだ。異なる視野で2つの画面を同時に撮影し表示できる。 Insta360アプリの顔追跡により、顔を常にフレーム内に留める。
Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

写真モードの場合、360モードでの最大解像度は6080×3040(2:1)となっている。写真はJPEGまたはDNGRAWで撮影できる。ビデオモードの場合、INSV形式(360モード)またはMP4(ステディカムモード)で記録される。コーデックはH.264またはH.265で、最大ビットレートは100Mbps、カラープロファイルはVivid、Standard、またはLOGのいずれかを選択できる。

タッチディスプレイ、防水、改善されたオーディオ、手振れ補正

最も分かりやすい改善の1つは、明るく丸みを帯びたディスプレイの追加だ。タッチスクリーン操作が可能で、フレーミングをモニターできる。また、バッテリーも大型化された。 Insta360 ONE X2には1630mAhバッテリーが組み込まれ、最大80分の撮影(5.7K 30p)が可能となった。

Insta360 ONE X versus ONE X2. Source: Insta360

カメラの重量は149gで、サイズは4.62 x 11.30 x 2.98cm。また防水はIPX8で、10mまで水中で使用できる。ダイブケースを使用すると、45mの深さまで潜ることができる。

Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

4つの内蔵マイクと新しいスマートウィンドリダクションにより、オーディオも改善された。ステレオまたはアンビソニックサウンドを選択できる。カメラは音声制御が可能で、AirPodsと通信しカメラをコントロールしたり録音をコントロールすることもできる。

Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

Insta360によると、FlowState手振れ補正機能(ONE Xですでに搭載)と水平化アルゴリズムがさらに改善された。 Insta360 ONE X2は、Invisible SelfieStickとも互換性があり、自撮り棒が消えてカメラが浮いているような映像が撮れる。

Insta360 Shot Lab

Shot LabはInsta360のデスクトップアプリケーションで、ワンタップテンプレートのコレクションを使用して、指定されたInsta360で撮影した映像から編集を自動的に行う。 Dolly Zoom、Stop Motion、Clone Trail、Shadow Clone、Ghost Town(ライムラプス画像から人を除いた映像を作成)などのテンプレートがある。自動フレーム機能は、360ショットを自動的にリフレームする。

Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

その他の機能

TimeShiftハイパーラプス機能を使用すると、ショットをリフレーミングしながらビデオの再生速度を調整できる。 ONE X2では、360ショットとステディカムショットの両方で使用できる。必要に応じて、フリーズフレームを任意の場所に追加できる。

Insta360 ONE X2 Accessories. Source: Insta360

PureShotモードは、カメラの低照度特性を改善し、ノイズを低減する。水中での撮影では、いわゆるAquaVisionを利用して、ホワイトバランスを自動調整し、水中でのショットの見栄えを良くする。

また、ONE X2はWebカメラとして機能し、カスタマイズされたRTMP機能を使用してFacebookやYoutubeなどに360度で直接ライブストリーミングすることもできる。

Insta360 ONE X2 announced. Source: Insta360

価格と発売時期

Insta360 ONEX2は現在発売されており、価格は55,000円から。 レンズガードやバレットタイムコードなどの新しいアクセサリーも用意されている。

 

関連商品




Insta360 ONE X2 アクションカメラ FlowState搭載 手ブレ補正 パノラマ 5.7K 30fps LCDタッチスクリーン 10m防水 HDR APP編集 360度カメラ 充電式1630mAhバッテリー付き バレットタイムに対応

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する