LockCircleがX-OTを発表 - Zeiss Otusレンズをシネマレンズに変更

2018.5.15
LockCircleがX-OTを発表 - Zeiss Otusレンズをシネマレンズに変更

イタリアに本社を置くLockCircle社が、写真用レンズのZeiss Otusラインアップを映画制作用のレンズに変更した。新しいLockCircle X-OTレンズラインを紹介しよう。

LockCircle X-OT

LockCircleは高品質の写真レンズをシネレンズに変更している。同社はこれまでも、プライムサークルのラインアップでこれを行ってきた。今回、同社は写真用レンズのOtusラインアップをシネマレンズに変更した。 クリックのない絞りリング、標準的な95mmのフロントマウント、0.8のギアを持つフォーカスと絞りリングなど、動画撮影用の機能を追加している。

LockCircle X-OTの概要

専用のハードケースに収納された新製品は、X-OTと名付けられている。 OTはZeiss Otusの略で、Xはモディファイしたことを表している。

すべてのLockCircle X-OTレンズは標準の95mmフロントマウントとなっている。これにより、マットボックスを交換せずにレンズ交換ができる。 絞りリングはクリックを無くし、ダンパーが効いた感触になっている。フォーカスリングにはオリジナルのツァイス0.8mmギアリングも装備されている。新しいLockCircle X-OTレンズ専用のフロントとリアのキャップ(焦点距離表示もされている)も用意されている。

LockCircle X-OT

LockCircle X-OTレンズは、ステンレス製EFマウントが付属しているが、元のニコンFマウントとも互換性がある。焦点距離は28mm、55mm、85mmの3種類で、いずれもf/1.4となっている。

価格と発売時期

Zeissの写真用レンズ製品の主力ラインアップであるZeiss Otusを変更しているこれらのレンズは安いものではない。 X-OTレンズ1本の価格は、55mmで3.719ドル、85mmレンズで4.079ドル、28mmレンズでは4.439ドルとされている。

3本セットでは、11.599ドルで、専用のハードケースが付いてくる。セットで購入すると、約1.000ドルお得だ。

LockCircle X-OT

Zeiss Otus写真用レンズは、最高級レンズの1つだ。このシネマ用X-OTレンズは、カメラの能力を最大限に引き出すだろう。

Zeiss Otusレンズをすでに所有している場合は、LockCircleに送るとX-OTレンズに変更してくれる。

Zeiss OtusX-OT

ここで面白いのは、LockCircle X-OTレンズとオリジナルのZeiss Otusレンズは同じ価格ということ。

以下のB&HのリンクはZeiss Otusレンズ(EFマウント付き)なので注意して欲しい。LockCircle X-OTレンズは以下のLockCircleストアリンクから購入することができる。

Links: LockCircle.com

 

Leave a reply

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する