MASV 3.0 - 巨大なファイルを簡単に転送

2019.3.3
MASV 3.0 - 巨大なファイルを簡単に転送

MASVはインターネットを介して何GBもの巨大なファイルを転送するサービスだ。ユーザーは実際に転送されたものに対してのみ費用が発生し、登録する必要はない。MASV 3.0では、機能が強化された。

MASV 3.0

MASVのサービスが始まって2年が経過した。このサービスは、ポストプロダクションにおける日々の問題、即ち大規模ファイルの転送ソリューションとしてはじまった。ハードディスクを海外に郵送するのは価格的にも安全性の面からも非現実的だ。 MASVを使えば、事実上何GBものファイルを送ることができ、コストはかなり低い。このMASVがバージョンアップし 3.0となった。多くの改善がされている。

MASV 3.0

まず第一に、システム全体がゼロから再構築された。これにより将来のパフォーマンスとスケーラビリティが向上するが、やや面倒な点がある。すでにMASV 2.0のアカウントを持っているかどうかにかかわらず、新しいアカウントを作成する必要がある。 MASVのマーケティング担当副社長、David Horne氏は次のように述べている。(概要)

これは、ゼロから構築されたまったく新しいシステムであり、既存のデータベースを新しいプラットフォームに移行するための方法がなかったためです。既存のユーザーは、新しいアカウントを作成した後にMASV 2.0で設定したアカウントと同じアカウントを設定してください。

バックエンドでは、MASV 3.0は以前の10台のサーバーに代え160台のサーバーをグローバルに使用するようになったため、巨大ファイルのアップロードと、特にダウンロードはさらに高速になった。

MASV 3.0

Audi branded upload portal using MASV 3.0.

UIも新しくなり、ユーザーの好みに合わせてカスタムブランドができる。クライアントが自分の方法でファイルを送信するためにポータルを作成した場合は、そのポータルページを既存のWebサイトデザインにシームレスに統合できる。データへのアクセスとそれぞれへの請求をグループごとに分けるために複数のチームを作成することもできる。

新しい請求モデル

MASV 2.0から3.0へのもう1つの大きな変更は、新しい請求モデルだ。古いモデルは、次の式に基づいている。請求額=アップロードされたGB x受信者数x 0.15ドル。新モデルは少し異なり、請求額=GBのダウンロード数x 0.25ドルとなった。価格が66%アップしたようだ。 しかし、10 GB分のデータを2人の受信者に転送する場合MASV 2.0(アップロードベース)モデルなら、

10GB x 2受信者x 0.15ドル= 3.00ドル

しかし、実際にファイルをダウンロードしたのが2人の受信者のうち1人だけならどうだろうか。それでも3.00ドル請求される。 MASV 3.0では、

10GB x 0.25ドル= 2.50ドル

となり、場合によっては安価になるのだ。

サーバー数の増加により、転送は短時間で完了し、フレームワーク全体がより堅牢になった。多少高価になることもあるが、その効率化を考えると妥当だろう。もちろんハードディスクを郵送するよりはるかに便利で低価格だ。 David氏はさらに、次のように述べている。

価格と請求モデルの変更は、特に世界規模で10サーバーから160サーバーに変更したことによります。ダウンロードベースの課金の変更は、クラウドプロバイダーの料金とコストに対応したものです。これらのファイルサイズでは、受信者によるダウンロードが原因となる可能性があるため、実際には一部の転送で料金がかかります。競合他社の中には、広告やファイルサイズの制限でこの費用を低減しているところもありますが、我々の転送サービスでは考えていません。

そのためMASV 3.0ではGBあたりの価格が上がったが、請求プロセスの透明性も高まったといえる。新しく実装された配信追跡では、各受信者がアクセスしたデータの量が正確にわかる。

MASV 3.0

新しいモデルはアップロードではなくダウンロードに基づいているため、各受信者がデータにアクセスできる回数を制限できる。パスワード保護ももちろん可能だ。さらに、MASVはGDPRに準拠しており、処理されるすべての転送に最新の暗号化を使用している。

モバイル対応とAPIサポート

MASV 3.0はモバイル機器でも動作する。たとえば、フォトライブラリにアクセスすることで、スマートフォンから直接ファイルを送信できる。自分のポータルの一つを介して送られてきたファイルにアクセスすることも可能だ。この場合はもちろんスマートフォンに十分な記憶容量が必要となる。ファイル転送の履歴をチェックし、以前に送受信されたログをチェックすることもできる。このインターフェースは、ユーザーがパッケージにアクセスしたかどうか、および各ユーザーがこれまでにダウンロードしたデータの量も表示される。

MASV 3.0

アプリ(iOSおよびAndroid)にもWebブラウザ版の利点がすべて備わっている。管理者はチームとユーザー権限を管理でき、UIはWebブラウザ版と同じ方法でブランド化されている。 MASV 3.0で新しく開発されたAPI(Application Programming Interface)は、近い将来ユーザーも利用可能になるだろう。

MASV 3.0

David Horne氏はさらに次のように述べている。(概要)

我々はまた、特に長時間の転送に使用されたときの信頼性をさらに向上させるデスクトップアプリに取り組んでいます。私たちが製品を再構築した主な理由は、堅牢なAPIの上に構築して、モバイルアプリ、デスクトップアプリ、さらには人気のあるNLEのような主要サービスとの統合を迅速に作成できるようにしたことです。

モバイルアプリ、将来のデスクトップアプリ、さらにはNLEへの統合まで考えられている。

登録不要かつ充実したサポート

前述のように、MASV 3.0は従量制のサービスで登録は必要ない。 MASVを長期間使用しない場合は、何も支払う必要はないのだ。筆者のように巨大な企業を経営しているわけではなく、常に巨大なファイルを転送する必要がない場合は、これは本当に素晴らしいことだ。使用する場合にのみ支払えばよい。

MASV 3.0

ところで筆者がMASV 3.0ベータ版のテスト中に、アップロードエラーが発生した。アップロードを開始した後に家を出たが、家に帰ってもうファイルがアップロードされていないのに気付いた。これに関して同社に連絡すると、David氏から次のような回答があった。(概要)

あなたのログを調べバグを修正しました。根本的な原因は、AzureストレージとAmazonストレージのアップローダロジック機能の違いです。この新しいシステムは完全にAmazonをベースに変更しており、ソフトのエラーの処理方法に関していくつか問題がありました。これは現在修正されています。

このようにカスタマーサポートにも熱心に対応している。160台のサーバーからなる高速で信頼性の高い設備となったMASV 3.0は、膨大な量のデータを転送する場合に最適な選択肢だろう。

MASV 3.0は現在利用可能で、同社のWebサイトはこちら

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する