Meikeが75mm T2.1レンズを発売 - EFおよびPLマウントのS35シネマ用プライム

Meikeが75mm T2.1レンズを発売 - EFおよびPLマウントのS35シネマ用プライム

MeikeはSuper35mmのラインナップに新しいシネレンズ、Meike 75mm T2.1を発表した。このレンズは、EFとPLマウントの両方に対応しており、現在、先行販売価格599ドルで販売されている。

Meikeは中国のレンズメーカーで、昨年は一連のフルフレームとS35レンズをリリースしており、他の多くのレンズも間もなく登場する。

同社のSuper35mmのラインナップには、すでに35mm T2.150mm T2.1がある。この新しい75mm T2.1の導入により、このラインアップはさらに拡充している。

Meike 75mm T2.1 S35 with lens cap
Meike 75mm T2.1 S35. Source: Meike

Meike 75mm T2.1の概要

この新しいシネマ用プライムレンズは、イメージサークルが33.6mmで、Super35mmフォーマットをカバーするのに十分な大きさだ。T2.1の開放値により、低照度環境下でも良好な性能を発揮する。このレンズはフルマニュアルで、シネマ対応のリハウジングを採用しており、現在、EFとPLマウントで入手できる。

Meike 75mm T2.1 S35
Meike 75mm T2.1 S35. Source: Meike

光学設計

レンズ構成は、11群13枚。多層膜コーティングを施し、光学性能を向上させている。さらに、13枚の絞り羽根により、きれいで滑らかなボケが得られる。

仕様を見る限り、映像制作者にとっては、間違いなく良い選択肢となるだろう。しかし、実際にどのような性能を発揮するのか気になるところではある。

Meike 75mm T2.1 S35 back view
Meike 75mm T2.1 S35. Source: Meike

シネマ対応設計

このフルマニュアルレンズは、シネハウジングが施されている。フォーカスリングとアイリスリングには、標準的な0.8MODギアが採用されており、レンズアクセサリーを簡単に取り付けることができる。

また、フォーカスマーカーはメートル法とインペリアル法の両方に対応しており、あらゆるユーザーのニーズに対応している。また、本レンズの最短撮影距離は70cmとなっている。

また、本レンズはオールメタル構造で、前玉径は80mm、フィルター径は77mmとなっている。

Focus markers
Meike 75mm T2.1 S35. Source: Meike

主な特徴

  • EFマウントまたはPLマウント
  • Super35mmカメラ(イメージサークル33.6mm)に対応
  • マニュアルフォーカス
  • 絞り範囲 T2.1-22
  • 11群13枚
  • 13枚絞り羽根
  • 最短撮影距離 0.7m
  • フィルター径:77mm
  • ギア式アイリス・フォーカスリング
  • サイズ:85.5×98.5mm(PLマウント)
  • 重量: 970g

価格と発売時期

Meikeが発表したように、今後、他のS35レンズも発売され、S35のラインナップが完成する予定。その中には、18mm T2.1、25mm T2.1、100mm T2.1が含まれる。今後の発表にも注目したい。

Meike 75mm T2.1は現在、Meikeのウェブサイトでのみ購入可能で、先行販売価格は599ドル。11月中旬に出荷を開始する予定。

Meikeのレンズ一覧はこちら

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience