広告

MeikeがS35 18mm T2.1シネレンズを発売

MeikeがS35 18mm T2.1シネレンズを発売

中国のレンズメーカーMeikeは、Super35のラインアップに新しいレンズ、Meike S35 18mm T2.1を発表した。25mm、35mm、50mm、75mmに続き、この新しい広角プライムレンズは5番目のレンズで、間もなく最後の100mm T2.1が加わる予定。

Meikeは、手頃な価格でコンパクトな、コストパフォーマンスの高いレンズで、徐々に良い評判を築きつつある。マイクロフォーサーズセンサーをカバーするミニシネプライム、S35シリーズ、そしてフルフレームラインの3つの主要ラインナップを有している。

Image credit: Meike

Meike S35 18mm T2.1の特徴

Meike S35 18mm T2.1は、その名の通りSuper35センサーをカバーするコンパクトな広角シネマレンズだ。

Image credit: Meike

Meike S35シリーズの他のレンズと同様に、この新しい18mmはキヤノンEFまたはPLマウントで利用できるようになる。レンズマウントはユーザーが交換できるものではない。キヤノンEFマウントの物理的な長さはわずか10.5cmで、このプライムレンズは携帯にも便利だ。

Image credit: Meike

このレンズは、業界標準の0.8modのフォーカスギアとアイリスギアで専用のフォーカスリングとアイリスリングを備えている。フォーカスリング回転角度は270°と非常に長いので、このレンズではフォローフォーカスを使用した方がよいだろう。さらに、フォーカスリングにはインペリアル/メトリックのマークがある。

Image credit: Meike

光学設計

Meike S35 18mm T2.1の光学設計は、10群15枚で構成されている。フロントフィルター径は77mmで、クランプオンマットボックス用の外径は80mm。絞り羽根は10枚で、最短撮影距離は25cmとなっている。

価格と発売時期

Meike S35 18mm T2.1は、今月末までに699.99ドルで発売される予定。

詳細については、こちらのMeikeのウェブサイトをご覧いただきたい。

フジヤカメラのMeike製品の一覧こちら

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する

25曲の無料音楽トラックを入手