広告

MUTINYがRED KOMODO、KOMODO-X、V-RAPTOR用ポートエクスパンダープレート「KX-IO」を発表

MUTINYがRED KOMODO、KOMODO-X、V-RAPTOR用ポートエクスパンダープレート「KX-IO」を発表

MUTINYは最近、RED KOMODO、KOMODO-X、V-RAPTOR用の新しいアクセサリー、MUTINY KX-IOを発表した。このポートエクスパンダープレートは、Vマウントバージョンとゴールドマウントバージョンの2種類が用意され、多くの電源入出力ポートを搭載する予定だ。

アメリカのメーカーMUTINYは最近、キヤノンカメラ用のボルトオンV2 R/Sトリガーを発売したが、今回はREDカメラ用アクセサリーを発売する。昨年、MUTINYは印象的なV-RAPTORポートエクスパンダープレートを発表したが、Cine Gear 2023に先立ち、同社はRED KOMODO/KOMODO-XとV-RAPTORに対応するアップデートバージョン、MUTINY KX-IOを発表した。

Image credit: MUTINY

MUTINY KX-IOの特徴

MUTINY KX-IOは、RED KOMODO、KOMODO-X、V-RAPTORの背面に直接装着するエキスパンダー兼パワープレートだ。本稿執筆時点では、それに関する情報はほとんどないが、ここでは、すべてのポート、電源入力、および出力ポートを紹介する:

  • RECボタン、タリー、フィッシャー3ピンR/S+電源ポート×1。
  • GEN、TC、CTRL、EXTパススルーポート。
  • 2ピン11-17V LEMO電源出力×3、D-Tap電源出力×2、DC電源入力×1を含む、複数の電源入出力ポート。
  • MUTINY KX-IOの内部には、最大消費電力を超えた場合に備えて、6Aのデジタルヒューズが搭載されている。
  • また、KX-IOはバッテリー消耗防止スイッチを搭載しています。このスイッチをオンにすると、プレート/カメラを使用していないときにバッテリーパックを消耗するのを防ぐことができる。KX-IOには、写真に写っていないブレースプレートが付属する。
  • 最後に、KX-IOの背面にあるVマウントまたはゴールドマウントのバッテリープレートは、ユーザーによる交換が可能。
Image credit: MUTINY

価格と発売時期

このMUTINY KX-IOは、同社のRAPTOR IOポートエクスパンダープレートをうまく進化させたような印象を受ける。現在、価格についての情報はまだないが、アイデアを与えるために、RAPTOR IOプレートは1,200ドルで販売されている。来週には予約注文が開始され、3~4週間後に出荷される予定だ。KX-IOプレートを実際に見たい場合は、Cinegear LAでCandreva USA / MUTINYのブース#156で確認することができる。

Leave a reply

フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する