OWCがThunderboltドライブがM1搭載Macと互換性があることを発表

OWCがThunderboltドライブがM1搭載Macと互換性があることを発表

MacにM1が搭載されARM Macなった。完全に新しいアーキテクチャのため、従来まで使用していた周辺機器との接続で何かトラブルが発生するかもしれないと恐れているユーザーもいるのではないだろうか。OWCはその互換性について問題ないことを表明した。

Other World Computing(OWC)は、米国を拠点とするプログレードのアクセサリー、主にストレージソリューション、ドック、メモリアップグレードキットのメーカーだ。今回同社は、最新のThunderboltドライブとThunderboltドックのすべてがM1搭載Macと完全に互換性があることを発表した。

OWC
A massive array of OWC Thunderbay units (with non-M1 Macs). Image credit: OWC

PowerPC, Intel & Apple Slicon

アップルは、基盤となるアーキテクチャで2回目の大きな変更を行った。最初のアーキテクチャは2005年から2009年にかけて行われた。PowerPCプラットフォームから、Intelプロセッサに移行した。あるプロセッサアーキテクチャから別のプロセッサアーキテクチャへの切り替えは、シリコンを交換するだけではない。プロセッサが新しい言語に適応する必要がある。想像できるように、簡単なプロセスではない。

そして11年先の今年、アップルはARMベースのプロセッサへの切り替えを発表した。今回はAppleシリコンという名前で自社開発されたものだ。 Intelのx86アーキテクチャはARMアーキテクチャとは大きく異なるため、すべてをもう一度適応させる必要がある。

OWCのThunderboltドライブとドック

従って、箱から出してすぐにすべてがうまく機能するとは限らない。そのため、サードパーティのアクセサリーを使用しているユーザーは、新しいM1ベースのARMプラットフォームに乗り換えることに躊躇している。

しかし少なくともOWCは、同社のThunderboltドライブとドックが問題なく動作することを発表したので、安心して使用できる。

OWC Thunderbay 8
OWC Thunderby 8. Image credit: OWC

たとえば、OWC Thunderbay 8(128TB)やOWC14ポートThunderbolt3ドックのような大きなストレージシステムがある。Thunderbolt 3も問題だ。

アップルはこれを積極的にアナウンスしていないが、Thunderbolt4は3つの新しいM1駆動Macでは対応していない。ポートには「Thunderbolt / USB 4」というラベルが付いているが、これはかなり誤解を招く可能性がある。対応しているのはThunderbolt 3(40Gb / s)/ USB 3.1 Gen 2(10Gb / s)のみだ。では、「4」とは何を意味しているのだろうか。これは、メーカーがポートをテストしたUSBリビジョンを指定するためだが、必ずしもこれらのポートは最大速度を提供していない。

アップルがThunderbolt4をサポートしていない理由は誰にもわからない。おそらく、ThunderboltはThunderbolt 4と同じ速度で動作するためだが、Thunderbolt 4には、ケーブルの長さが長くなり、2つの4Kディスプレイまたは1つの8Kディスプレイがサポートされるなどの利点もある。

OWC 14-Port Thunderbolt 3 Dock
OWC 14-Port Thunderbolt 3 Dock. Image credit: OWC

いずれにしても、Thunderbolt 3搭載OWCデバイスは当面問題なく動作するので、ある程度の安心感は得られることになった。

Links: OWC のウェブサイト| M1搭載Macsとの互換性発表文

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する