パナソニックがLUMIX SシリーズとGシリーズカメラのファームウェアをアップデート

パナソニックがLUMIX SシリーズとGシリーズカメラのファームウェアをアップデート

パナソニックは、LUMIX SシリーズおよびGシリーズカメラのファームウェアアップデートを海外で発表した。これにより、機能が追加される。最大の新機能は、LUMIX S5からのProRes RAW出力だ。外部レコーダーでProRes RAW記録できる。(日本での発表はまだ無い)

追加される最も注目の機能は、LUMIX S5のHDMIからのProRes RAW出力だろう(レビューはこちら)。

LUMIXS5のHDMIから出力されるProRes RAWは、5.9K、4K、3.5Kのアナモルフィック(4:3)、12ビットでAtomos NinjaVレコーダーに記録できる。

Panasonic LUMIX S5 with Atomos Ninja V HDMI recorder
Panasonic LUMIX S5 with Atomos Ninja V HDMI recorder. Credit: Atomos

このアップデートでは、DCI 4K(4096 x 2160)記録も可能になる。ベクトルスコープやマスターペデスタル調整、新しいフォトスタイルL.MonochromeSやL.ClassicNeoなどの撮影支援機能も追加される。

S1Rファームウェアアップデート

LUMIX S1Rは、5K(4992 x 3474) /30p / 25p / 24p /4:2:0/10ビットLong GOP 200 Mbps/LPCMオーディオで記録できる。

Panasonic LUMIX S1R
Panasonic LUMIX S1R. Credit: Panasonic

さらに、HDMIから4K/ 60p / 50p /4:2:2/10ビットも出力でき、Atomos NinjaVなどの外部レコーダーで記録できる。

内部的には、「Like2100」/ HLGカラーの10ビットHDRでビデオを記録できる。さらなる改善では、「ルミナンスレベル」機能での10ビット記録サポート、および新しい専用メニューでDMW-XLR1マイクアダプターを使用する場合の高解像度オーディオ録音も可能。

一般的なパフォーマンスの更新

S1、S1R、S1HのSシリーズカメラは、頭部認識性能など、AFトラッキングが改善され、S5と同等になる。

また、S1、S1H、S5のオートフォーカスアルゴリズムが変更され、V-Logを使用すると、オートフォーカスのパフォーマンスが向上する。 AF + MFは、すべてのモデルでビデオモードでも利用できるようになる。

Sシリーズカメラの追加機能は次のとおり。

  • S1、S1R、S5にSS /ゲイン操作設定を追加
  • S1およびS1Rに赤いフレームビデオ録画インジケーターを追加
  • S1、S1R、およびS1Hに縦長フレームビデオのモニターサポートを追加
  • S1、S1R、S1Hにスマートフォンへの4Kビデオ転送を追加
  • フリーアングルモニターを回転させると、画像を反転させることが可能(S1H、S5)

S1将来の拡張

Panasonic LUMIX S1
Panasonic LUMIX S1. Credit: Panasonic

2021年前半に、LUMIX S1のファームウェアもアップデートされる。LUMIX S1 ファームウェアアップグレードソフトウエアキー DMW-SFU2を購入すると、すべてのカメラでデュアルネイティブISOを手動で切り替えることができる。

  • タイムコードを追加
  • アナモフィックモードを追加
  • V-Logを追加
  • 5.9K / C4K、4K60 / 50p 4:2:0/10ビット内部ビデオ記録
  • HDMI経由で5.9K / 4K /3.5KアナモフィックRAWビデオを出力しAtomos NinjaVで12ビットRAWを記録可能。

LUMIX S1アップグレードソフトウェアキー DMW-SFU2をすでに購入してインストールしている場合は、再度購入する必要はない。

G9, GH5, GH5S, G100/110ファームウェアアップデート

このアップデートにより、S5で導入された新しいDMW-BLK22バッテリーを、G9、GH5、およびGH5Sで使用できる。この新しいバッテリーは、標準のDMW-BLF19バッテリー(1860 mAh)と比較してはるかに大容量(3050 mAh)となっている。

Panasonic DMW-BLK22 battery
Panasonic DMW-BLK22 battery. Credit: Panasonic

G9とGH5Sではボディ内でBLK22バッテリーを充電することもできる。 ただしGH5は内部で新しいバッテリーを充電できないため、DMW-BTC15などの外部充電器が必要になる。

なお、従来のDMW-BLF19バッテリーをLUMIX S5で使用することはできない(物理的に適合しない)。したがって、将来的には、新しいDMW-BLK22バッテリーが最適な選択となる。

G100 / G110カメラは、バージョン1.1のLUMIX Webcamソフトウェア(ベータ版)を使用できる。また、この新しいファームウェアでは、モニターを回転させると画像を反転させることもできる。パナソニックG100のレビューはこちら

リリース時期

LUMIX S1H、S1R、S5、G9、GH5、GH5S、G100 / 110のファームウェアアップデートは、今年11月24日にリリースされる予定。

LUMIX S1のファームウェアアップデート2.0は、2021年の前半にになり、LUMIX S1フィルムメーカーアップグレードソフトウェアキー DMW-SFU2は199.99ドル。

メントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
まだコメントはありません
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する