パナソニック LUMIX GH5 IIをフォトグラファーがレビューする

パナソニック LUMIX GH5 IIをフォトグラファーがレビューする

パナソニックLUMIX GH5 IIは、ライブストリーミング機能を備えた20.3メガピクセルのミラーレスマイクロフォーサーズ「ハイブリッド」カメラで、2017年に登場したGH5のアップグレードされた後継機だ。GH5 IIには、動画撮影やライブストリーミング機能の面で新しい機能が搭載されているが、GH6の発売が間近に迫っている中、すでにGH5のユーザーにとってアップグレードする価値はあるだろうか?

GH5 IIのレビューと、このカメラで撮影されたミニドキュメンタリーを参照いただきたい。

GH5 IIの外観の特徴は、GH5とほぼ同じだが、録画ボタン全体が赤くなり、モードダイヤルにも赤いハイライトが入っている。ボディは、マグネシウム合金製だ。非常に軽く、扱いやすく、防塵防滴が施されており、-10℃までの温度に対応している。

Panasonic GH5 II
Top of camera / buttons. Image credit: Alexandra Thompson

カメラの上部には録画ボタンの上に4つのボタン、背面にはダイヤルの上と下に4つのボタン、そして左の接眼レンズの横にもボタンがある。

Panasonic GH5 II
Image credit: Alexandra Thompson

パナソニックは、他のLUMIXカメラのメニューと同じメニュー構成になるようにメニューを改良した。メニューは豊富で、プロファイルをカスタマイズして保存することができる。

Panasonic GH5 II
Image credit: Alexandra Thompson
Panasonic GH5 II
Image credit: Alexandra Thompson

タッチスクリーンを使って簡単に操作できるし、クイックメニューも気に入って使っている。ボタンの位置がわかりやすく、論理的で簡単に操作できる。

仕様

初代GH5と比較して、静止画撮影に関する変更点はそれほど多くないが、アップグレードにより操作性と画質が向上している。ここでは、静止画撮影の機能を中心に紹介する。

  • 20.3メガピクセル Live MOSセンサー(光学ローパスフィルターなし)
  • マイクロフォーサーズマウント
  • センサーに当たるゴーストやレンズフレアを軽減するAR(反射防止)センサーコーティングを採用
  • ISO200~25600(ISO100~25600まで拡張可能)
  • 最新のパナソニックVenus画像処理エンジン
  • Dual IS 2に対応した5軸ボディ内手ブレ補正機能(当初は5段、現在は最大6.5段)
  • 静止画に6K/4Kモードを搭載
  • 14ビットRAW出力
  • コンティニュアスAFで9コマ/秒、AF-Sで12コマ/秒
  • 新型の大容量2200mAhバッテリー(同社のS5モデルと同じ)、USP-Dに対応し、ACまたはUSBでの充電が可能。
  • 液晶フリーアングルフリップスクリーンの明るさを向上(150%の明るさを実現)
  • 色の階調性、肌色の再現性の向上
  • ダイナミックレンジが25%向上
  • オートフォーカスはS5と同じで、高精度な動物、体、頭のトラッキングなどの改良が施されている
  • ダブルUHS-II SDメモリーカードスロット
  • オートフォーカスポイントジョイスティック
  • クラシックネオ、モノクロ、2つのシネライクスタイルなど、新しいフォトプロファイルを搭載
Panasonic GH5 II
Image credit: Alexandra Thompson

GH5 IIのフリップスクリーンは3.2インチから3インチに小さくなったが、解像度は1.84mドットと高くなっている。パナソニックは、GH5のスクリーンよりも150%明るいと述べている。

ファーストインプレッション

スペックを見ると、GH5 IIが非常にパワフルなビデオカメラであり、動画撮影に向けたプロ仕様の機能が充実していることは間違いない。さらに、新しいライブストリーミング機能では、スマートフォンやルーターのWiFiに接続することができる。

結婚式、スポーツ、コンサート、旅行をYouTubeやFacebookにアップするなど、ライブストリーミング機能を活用できる環境で仕事をしているユーザーや、ブロガー、コンテンツプロバイダーであれば、このカメラは最適だ。また、GH6は間もなく発売されるが、明らかに価格が高くなると予想される。従って、動画撮影を行い、カメラを変えることなく、動画からライブストリーミング、写真撮影へと切り替えたいユーザーには、このカメラを購入する価値がある。

屋外での撮影

カメラを持って初めて出かけたのは、シティで開催されたプライドパレードだった。

Image credit: Alexandra Thompson
Image credit: Alexandra Thompson

明るい日差しから暗い日陰まで含むショットでは、モニターでもEVでもよく見えなかったので、カメラを顔検出とコンティニュアスAFに設定し、AFが仕事をしてくれると信じていた。ボケたのは1枚だけだったので、悪くない結果だろう。

人の顔も動きも簡単に追えるが、目的ではない人にフォーカスすることがかなりあった。集合写真で思い通りのものを撮るには、追尾機能をオフにする必要がある。そうしないと、1枚の写真のために調整し、次の写真のために再調整するのに時間がかかってしまい、シャッターチャンスを逃すからだ。

Image credit: Alexandra Thompson
Image credit: Alexandra Thompson

色のグラデーションが美しく、手持ち撮影にしては驚くほどシャープな写真が撮れた。手ぶれ補正機能は正確だ。タッチスクリーンでのフォーカスは、ジョイスティックと同様に高速だ。

暗い場所での撮影

家に戻ってから、光量の少ない状況でカメラを試してみたが、ISO感度を上げると問題が発生した。ある種のフラットな光を使った写真は少しぼやけたが、ダイナミックレンジのあるガラスドア越しの撮影はとてもうまくいった。

Image credit: Alexandra Thompson
Image credit: Alexandra Thompson

ダイナミックレンジとディテール

ダイナミックレンジとディテールの両方が傑出している。カメラをセットアップした後は、少量の露出補正をしてポイント・アンド・シュートで撮影するだけだ。旅行や自然の中での撮影、シティウォークなどにとても適したカメラだと思う。以下にサンプル写真を掲載する。

実際に使ってみて

週末に結婚式の撮影があり、デジタル一眼レフカメラに次ぐ3台目のカメラとしてGH5 IIを持って行った。しかし、このカメラは私の撮影には最適ではなかった。理由はいくつかあるが、ほとんどが私のカメラの使い方に関係している。いろいろな状況下での写真を比較できるように、ほとんど並べてテストした。パレードでの問題は、結婚式での問題と同じだ。数人の人が部屋のあちこちで忙しそうにしていると、カメラは誰にピントを合わせるべきかを素早く選択する。

これは、ビデオを撮影する場合には良いことだが、誰にピントを合わせたいかを再確認したり、追跡機能をオフにして全員にピントが合うようにカメラを設定したりするのに時間がかかり、タイミングを失うことになる。また、ファーストダンスやディナー、スピーチなどの光量の少ない場面では、このカメラの出番は無かった。急いでいないときの撮影には最適だが、イベントや結婚式の撮影では迅速かつ正確に撮影する必要がある。機能をオフにして、カメラが私に代わって選択しないようにすることもできるが、それではこのカメラを持っている意味がなくなってしまう。

どのようなユーザーに向いているか?

GH5 IIは、主に動画やライブストリーミングに向いている。もしあなたが動画のコンテンツプロバイダーで、写真撮影も必要としていたり、ライブストリーミングでスナップ写真を撮りたいと思っていたり、さらには旅行中に動画、ライブストリーミング、静止画を交えて撮りたいと思っているなら、このカメラはあなたが望むものを提供してくれるだろうし、それ以上のものを提供してくれる。状況によっては、美しい写真を撮ることもできる。

個人的には、このカメラが提供するすべての機能を必要としていなかったし、それらを使うと操作が遅くなった。最終的にその機能が自分の写真を向上させると思えば、気に入っていたかもしれないが、人や動きを伴うすべての状況において、操作に時間を費やし、目の前で起きていることに時間を割けなくなっていた。結局、使いこなせないカメラになってしまうのではないかと思う。

I won’t show them this…. Image credit: Alexandra Thompson

これは悲しい例だ。彼らは笑っていて、自然で、楽しい時間を過ごしていた。しかし、彼らとつながり、目の前で起こっていることを理解する代わりに、私はボタンやメニューを操作して、技術的なことに時間を費やし、結局うまく撮れなかった。

私の失敗は、普段通りにカメラを手に取り、簡単な調整で写真が撮れると思っていたことだ。ご覧の通り、そうはならなかった。ISOやスピード、絞りなどを調整するだけではなく、カメラをある目的のために設定した後、別の目的のために再設定する必要がある。もちろん、より長い期間、カメラを使い続けていれば、必要な機能を素早く操作できるだろうが、そうなると、そもそもなぜその機能が必要なのかを自問しなければならない。あまりにも多くのことをしてくれるカメラというのは、素晴らしいメインディッシュだけが欲しかったのに、様々な料理が出てきたようなものだ。

私は「アート」の側面が強いスチール写真家なので、ポートレート、ダンス、演劇などの瞬間を素早く撮影したいと思っている。余分なものは必要ないし、機能が多すぎると、むしろ、私の創造性ややろうとしていることの邪魔になるのだ。

購入すべきかは場合による

GH5 IIは、シネマトグラファー、インスタグラマー、コンテンツプロバイダーには最適な選択肢だが、フォトグラファーに関しては、機能の多さが撮影の妨げにならないなら、このカメラは失望させることはないだろう。

私個人としては、このカメラにお金を使うのであれば、より自分に必要な機能に特化し、見たものを、見たときに、見た方法で撮影することをサポートしてくれるようなカメラやレンズに使いたいと思う。

Link: Panasonic

Leave a reply

Filter:
all
Sort by:
latest
Filter:
all
Sort by:
latest

Take part in the CineD community experience