RED Komodoがネットフリックス認証カメラに

RED Komodoがネットフリックス認証カメラに

ネットフリックスは、RED KomodoをNetflixの4K オリジナルコンテンツの作成用カメラとして正式に承認したことを発表した。これにより、すべてのREDカメラ(RED Oneを除く)がNetflixに準拠することになった。

当初は大型のREDカメラのBカメラやクラッシュカメラとして設計されたRED Komodoだが、世界中の映像クリエーターはプライマリカメラとして使用している。

Komodoはグローバルシャッター付きSuper35mmセンサーを搭載し、最大6K /40fpsでREDCODE RAWで撮影できる。この小さなカメラは、多くのコンテンツクリエーターにとって軽量で手頃な価格のREDカメラだ。

ネットフリックスは、パナソニックS1HARRI ALEXA LF / Mini LF、キヤノン C300 Mark III / C500 MarkIIなど数十台のカメラを承認している。現在、REDカメラはRED Oneを除き、すべてがネットフリックで承認されている。

REDKomodoFW_Featured
Image credit: Global Dynamics United

ネットフリックスでKomodoを使う場合の設定

ネットフリックスは、Netflix 4Kオリジナルプロジェクトの撮影を計画している場合に対応し、RED Komodoの公式制作ガイドをリリースした。以下は主なポイント。

  • ファームウェアバージョン1.3.1以降が必要。
  • 映像は常にREDCODE RAW / R3DでCFast2.0カードに記録する。 HQとMQは、KOMODOで推奨されるR3D設定。
  • 最大6K /40fpsで、最大4K /60P、2K /120Pの3つのモードで記録する。
  • ネットフリックスは、カメラをブラックシェーディングすることが多く、“Cal:T / E”に注意することを推奨する。 「T」または「E」のいずれかが緑色でない場合は、新たにキャリブレーションが必要。

これは、ネットフリックスの委託制作を請け負うRED Komodoユーザーにとって朗報だ。詳細はこちら

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する