シグマがArtシリーズに105mm f1.4と70mm Macro f2.8を追加

シグマがArtシリーズに105mm f1.4と70mm Macro f2.8を追加

先日14-24mm f / 2.8を発表したシグマだが、今回は105mm F1.4 DG HSM70mm f / 2.8 DGマクロがARTラインナップに加わった。 105mmf / 1.4は明るく、同社は「BOKEH-MASTER」と呼んでいる。以下詳細を紹介しよう。

70mm f/2.8 DG Macro Art Lens, Image Credit: Sigma

70mm Macro f2.8

70mm f / 2.8は、ART初のマクロレンズで、既存のシグマテレコンバーターと互換性がある。同社によれば、「すべての焦点距離で収差を最小限に抑えるフローティングフォーカスメカニズム」を使用している。

 

主な仕様

  • レンズ構成:10群13枚
  • 画角(35mm):34.3°
  • 絞り羽根数:9(円形絞り)
  • 最小絞り:F22
  • 最短撮影距離:25.8cm
  • 最大倍率:1:1
  • フィルターサイズ:ø49mm
  • 寸法(直径×長さ):ø70.8mm×105.8mm
  • 重量:515g

 

 

 

105mm F1.4 DG HSMと70mm f / 2.8 DGマクロは、EF、Sigma、Nikon、Eマウントに対応する。

“The Bokeh Master”- 105mm F1.4 DG HSM Lens, Image Credit: Sigma

Sigma 105mm f1.4

一方105mmは、14mm、20mm、24mm、35mm、50mm、85mm、105mm が揃うf / 1.4プライムARTラインナップで最長の焦点距離の位置付けとなる。更に望遠の135mm ARTはf / 1.8となる。 105mmは12群17枚のレンズで構成されている。シグマは「単焦点レンズでは異例ともいえる枚数のレンズ構成」と述べている。

主な仕様

  • レンズ構成:12群17枚
  • 画角(35mm):23.3°
  • 絞り羽根数:9(円形絞り)
  • 最小絞り:F16
  • 最短撮影距離:100cm
  • 最大倍率:1:8.3
  • フィルターサイズ:ø105mm
  • 寸法(直径×長さ):ø115.9mm×131.5mm
  • 重量:1645g

シグマはまた、すべてのARTレンズに対し。マウント交換サービスを実施している。詳細はこちらを参照いただきたい。

価格と発売時期は未定。

シグマのWebサイトはこちら

 

 

 

 

 

コメントを書く

guest
フィルター
全て
ソート
latest
フィルター
全て
ソート
latest

CineDコミュニティエクスペリエンスに参加する